百人一首~歌人が伝えたかった心の風景~

古くから伝わる、日本ならではの美しい言葉。

平安時代のゆったりとした情景が想い浮かびます。

 

「百人一首」コースの講師

ぶろぐ1-resize

 

和歌文学研究科 歌人

島田裕子さん

 

 

ぶろぐ-resize

 

 

アシスタント

廣中光子さん

 

 

 

10月15日より始まった講座は、百人一首の成り立ちから学びました!

学生時代に学んだ方、カルタ取り遊びなどで身近に触れたことのある

知識の豊富な受講生が多く見られました。

ぶろぐ1-resize◆百人一首…100首

◆百人秀歌…101首

では、どちらが先に作られたのか?

この先生の問いに、意見が飛び交います。

さてさて、正解は…

「様々な説があり、正解はありません。これからも議論を続ける」との事。

それだけ、奥深く魅力のある和歌の世界。

だからこそ多くの方に、長年魅了され続けているのでしょうね(*^▽^*)

耳慣れたそれぞれの歌の意味の深さに、関心を持って聞く姿が見られました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

風流(みやび)アイドルの小野小町と在原業平の歌をはじめ、

平兼盛と壬生忠見との命を賭けた歌合、西行法師の人生を詠む歌など

認知度の高い歌人の心情を読みとり、なぜこの歌が好まれたのか考えます。

 

その中でも、恋の歌は大好評!

甘酸っぱい初恋や青春時代を思い出し、盛り上がりました!!!

平安時代の女性は

「百人一首」「琴」「書」の3つが必須。

いかに素敵な歌を作れるか、それが女性の魅力に繋がるのだそうです。

 

現代のように簡単にメールで思いを伝えるのではなく、

風景をイメージし、情熱的でロマンチックな言葉で

和歌を送ってもらえる昔の女性を、うらやましく感じてしまいます(^-^;

美しい言葉はどの時代にもなくてはならないものですね。

 

また、奈良時代の貴族を再現したレプリカの衣装。

ぶろぐ3-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

左が男性、右が女性。

男性の衣装の「紫色」は、位の一番高い方が身に付ける事の

出来る色だったそうです。

紫草で染めるため、染液を作るのが大変…。

また、貴族のお姫様が着ていた衣装は

農園の管理をするため、走ったり、馬にも乗れるような

動きやすいデザインなのだとか。

色鮮やかで機能性も備えた衣装を手に取ったり、着付けの方法を聞き

衣装を羽織るなど、穏やかな時間を過ごしました。

 

衣装をはじめ、普段目にすることのない和歌の本など、

なかなか手に取って見る機会もないため、大変有意義な講座となりました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

そして、受講生より

「作者の心情を理解し、序詞から情緒を読み取れるようになった」

「何度も聞きたい内容だったので、また百人一首講座があれば参加したい」

などの声も聞く事が出来、スタッフとして大変嬉しく思いました!!

スマートフォン~初心者の「?」を解決‼

 

大好評のふれあい講座「スマートフォンコース」第2弾。

昨年 涙の落選を経験された方

2年連続受講希望の方など

熱い開講希望にお応えし

「持ってはいるけど使いこなせていない。」

そんなみなさんにお集まりいただきましたよ~(#^^#)

相変わらずの高倍率を勝ち抜いた強運の持ち主のみなさんです。

sumaho1

 

 

 

 

 

「受講中はわかっているが 帰ったら忘れてる」

「楽しかった! 自分のアホさに驚いた」

「受講時間中はとても楽しく すっかり解かった気になるが 操作方法をすぐ忘れてしまう」

みなさん安定の感想です↑↑↑

でも それで良いんです(^^)

IMG_0163-resize

講師 エム・ティ・シ―株式会社

里村 歩さんの“魔法の声掛け”で

楽しく理解しているような錯覚に…いえいえ

理解出来るようになっているんです。

ただし、次の講座までにはきれいさっぱり

忘れている方がほとんどですが…(笑)。

 

IMG_0182-resizeキャッシュレスな時代の到来に

「関係ない。」とそっぽを向かず

ドンドン学んで自分に必要な物だけ

実用していけたら良いですよね。

 

IMG_0188-resizeIMG_0171-resize

 

 

 

 

 

ユーモアあふれる分かりやすい講義で「LINE」を中心に学習した今回。

「QRコード」を読み取って入力する毎回の講座感想も送信OK!

「YouTube」で大笑いし

講師のユーモアトークに気付かないほど

手元に集中する向学心旺盛な受講生(笑)

みなさんの生活に少しでも彩を添えることができますように…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水引かざり~想いをカタチに~

 

10月からスタートした「ふれあい講座」が全課程を修了しました。

今回ご用意したのは次の3コース↓↓↓

■百人一首で逢いましょう~歌人が伝えたかった心の風景

■水引かざり~想いをカタチに

■スマートフォン~初心者の「?」を解決‼

ご応募いただいたみなさん、ありがとうございました(^^)

残念ながら 受講いただけなかった方は 懲りずに来年も

チャレンジしてくださいね~!

IMG_9831-resize

 

女性に大人気だったのが

「水引かざり~想いをカタチに~」コース。

講師は 槙 朋子さん

優しい雰囲気が作品にそのまま表れています。

 

IMG_9934-resizeIMG_9849-resize

 

 

 

 

 

生活の中に「和心(わごころ)」を見つけるとほっこりしますよね。

伝統を残しつつ 現代風にアレンジした作品が人気のヒミツ。

「水引き」ってご祝儀袋だけじゃないんですね。

無題0148

 

 

 

 

次々と課題をこなし

創作意欲にあふれるみなさんは口々に

「楽し~いっ!」「まだまだ作りた~い!」

お正月飾りも準備万端です(^^)

IMG_9846-resize

IMG_0140-resize

 

 

 

 

 

基本の結びから生まれる作品は

配色とセンス次第でいろいろな顔を見せてくれます。

IMG_0149-resize「夕飯作らずに水引きをずーっと作ってた~い!」

その気持ち分かりますぅ(#^^#)

「次は何を作ろうかな?」

ワクワクすることを見つけたみなさんは

今日も創作しているのでしょうね。

 

再受講を望むみなさんにまたお会い出来ますように!

 

 

 

子育てへの自信がつきました★

第8回目の家庭教育学級講座。

あっという間に、講座最終日となりました!!

最終日の講演は、子育て世代だけでなく、
地域の全ての方に聴いてもらいたい内容です。

ぶろぐ-resize

最終日にふさわしい講師として
幼児教育専門家 子育てアドバイザーの
熊丸みつ子先生をお迎えし
「うちの子最高!
~今、子どもたちに伝えたいこと~」の
テーマでご講演くださいました。

 

 

子育てはイライラばっかり。
優しい親でいようと心掛けても、ついつい怒っちゃう。

今日は優しくしようと思ったのに…と
我が子の寝顔を見ながら「ごめんね」と謝った人も多いでしょう。

私もその一人です。

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

でもそんな私たちに
「大人をイライラさせる子どもは素敵に成長しています。
大丈夫!順調よ☺」と熊丸先生の素敵な一言を頂きました!

 

子どもは、色んな事をして、やってはいけない事を学ぶのだそうです。

ぶろぐ2-resize手間暇かけて大切に育てられた子は
”自分を大切にする。”

また、泣いた回数の分だけ
”人を信じる事が出来る。”

そして
抱きしめられる量は決まっていて、
足りないと他の人に求めるのだそう。

 

「どの子も産まれた時は真っ白よ。」と先生。

 

子どもは大人の真似をして学んでいきます。

 

思春期の時期は
自分のやりたいこと・言いたいことの反対の事をしてしまう。

そんな子どもたちにも
きちんと向き合って満たしてあげてほしいと 先生はおっしゃいます。

 

ぶろぐ4-resize子どもは、愛情を”もらう”のが仕事。
大人は、愛情を”あげる”のが仕事。

また、子育てで大切な
「叱って・褒めて・伝える」の3原則。

相手を認めることが「褒める事」
やってはいけないことを伝えることが「叱る事」
叱る事は大事で、何度も何度も子どもに伝える。

 

ただ、どうしても親だけでは限界があり
子どもたちのガス抜き(抜け道)役として
周りの大人が子どもたちに関わることが必要とのこと。

地域での子育てが大事ですね。

子育てが一段落したら、地域の子どもにも目を向けていけたらいいな~。

ぶろぐ3-resize

 

 

 

 

 

 

先生の軽快なトークに「泣き・笑い・共感」させられました(/・ω・)/

自分らしい子育てを目指すために、
イライラしたら自分も子どもも順調!という合言葉を心に秘め
日々過ごそうと思います。
今日の講演を聴いて、子育てを頑張っていく活力が沸きました!!!

 

熊丸先生、ありがとうございました。

 

そして、今年受講いただきました皆様、お疲れ様でした~(^^)/
ありがとうございました!!!