今年も人気の講座開講!

みなさん、お待たせしました(^^♪
毎年人気の講座「家庭教育学級講座」が5月24日に開講しました!

今年度も定員を大幅にオーバーし、45名の参加となりました。
ありがとうございます!!

 

まず第一回目の講座は
昨年度大人気だった北九州市立大学教授の森田洋氏の講演からスタート!

IMG_6311-resizeIMG_6310-resize

 

 

 

 

 

今年は
「良い微生物、悪い微生物、普通の微生物?! ~私たちの暮らしと微生物のかかわり~」との演題で、 主に腸内細菌のお話をしてくださいました。

 

IMG_6329-resize

 

腸内細菌群には「悪玉菌」と「善玉菌」
そして「常在菌」の3種類の菌が存在し、
いかに「悪玉菌」を減らすかが大事になるそうです。

減らす方法は…
①動物性脂肪を控える
②善玉菌を増やす
③善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取する
この3つの方法を行うと良いとの事。

 

その他にも乳酸菌の正しい摂り方や食中毒の正しい知識など
知っているようで知らない、目からうろことなる講演となりました(^^)/

 

ためになるお話はもちろんなんですが、先生の「話術」がすごいんです!

テンポ良く、そして笑いも忘れず…
時間を忘れてしまうほど楽しいお話に頷きながら真剣に聞く姿がみられました。

「また先生の話を聞きたい!」との声が多くみられ
スタッフとして、とても嬉しく感じました!!

 

そして…私自身も森田先生のファンになりました★

 

森田先生、ためになる楽しいお話しありがとうございました(^◇^)

 

つくる あそぶ かんがえる (講座倶楽部)

「あめが降っていますね。
 そういえば、サッカーは
 びっくりしました。あの強敵に
 にほんが勝ってくれました(^_-)-☆
 きのうは、気分よく
 てれびを見て
 ねることが出来ました。」

こんにちは。昨日はみなさんサッカー見られましたか?(#^.^#)

それでは、本題に戻ります。
先日ブログで書きました講座倶楽部。
今年は、昨年実施したアンケートでこども向けのイベントを
望む声が多かったので、今年のテーマを
「こどもを楽しませることが好きな人を応援しよう」
にきめました。
そこで、こどものためのワークショップを開催して
いただけるブーススタッフを募集しましたところ、
9名の応募があり、打ち合わせを重ねて、
7名の方がブーススタッフとして活躍してくれることになりました。

イベント詳細はこちらへ

打ち合わせで試作品を見せてもらいましたが、
みなさんの「こどもを喜ばせたい」という気持ちと、
作品のクオリティーの高さに、驚かされました(#^.^#)
スイーツデコフォトフレーム ペタペタスタンプ

( スイーツデコフォトフレーム )   ( ぺたぺたスタンプ )

アイシングクッキー      虫よけスプレー

( アイシングクッキー )          ( 虫よけスプレー )

遊楽書  バスボム

   (  遊楽書 )           ( バスボム )

勾玉  スライム

    ( 勾玉 )             ( スライム )

プラパン   シューティング

   ( プラパン )     ( シューティングゲーム )

当日は、10時から13時までの3時間ではありますが、ぜひ参加していただき、
夏休みの思い出を一緒につくりましょう(^◇^)
※どのブースも数に限りがありますので、お早めにご利用くださいm(__)m

 

ところで、みなさん そんな私も・・・実はブースを受け持ちます・・・
つい・・・公民館スタッフの前でこんなこと言っちゃいました・・・

「アンケートでナゾトキしたい子供が多かったね。
やってみようかな」

・・・後悔とかしてませんよ。やる気に満ち溢れていますよ。
ただ、小さな部屋でこじんまりとやろうかなって思っただけですよ・・・

何に対しても前向きな公民館スタッフたち・・・・

あれよあれよという間に、チラシができ、ついPR動画まで作ってしまい・・・

ということで、水巻町の新キャラクター「みずまろ」に
ある問題が発生。数々の謎をときあかして
みずまろを助けていくという内容
「みずまろからのSOS」を開催しますので、ぜひご参加ください。
ご参加には、事前の申し込みが必要です。(先着各30名)

ナゾトキとは何って? そうですね。ナゾナゾではないんです。
いろいろなところにヒントや手掛かりがあり、それを使って謎を
解き明かしていくものですね。

そうですね~。じつは
公民館スタッフからみなさまに、
あるメッセージを発信していました。
手掛かりはこれ。

このブログの最初の「 」 の言葉。
先頭の文字を続けて読んでみてください。
                 それでは また(^_-)-☆