大切な人に「本当の味」を伝えよう!

 

「本当の味」みなさんご存じですか?

 

食は生きていくうえで欠かせない大事なものです!!
美味しいと思って食べているものには、実は体に悪い添加物が
入っているのかもしれません。
ぶろぐ2

 

第8回家庭教育学級最終日の講座は
北九州市立大学国際環境工学部
環境生命工学科教授の
森田洋先生をお迎えし、
「子どもたちにおいしさを伝えよう
~やさしい食品添加物のはなし~」の
演題のもと講演くださいました。

 

 

「食品」を買うときみなさんはどこをチェックしますか?

「色つや」「原産地」「値段」を気にされる方が多いかもしれません。

今日からはもう一つチェック項目を増やしてみてください。
裏面に記載されてある「原材料名」のチェックをすることで
「添加物」を発見し、結果、今後の健康を守れるかもしれません。

ブログ2

 

森田先生の軽快なトークに
受講生はうなずきながら
メモをとる姿が見られました。

 

 

『子どもに大人と同じ食事はキケン!』
みなさんご存じでしたか?
子どもの体重は大人の体重の1/10~1/20なので、
害のある添加物の摂取量があっという間に超えてしまうそうです!

そして、 添加物の中には
「海外では使用禁止なのに日本では使用可能なものもある」ということ。

防腐剤や合成着色料などには 発がん性が疑われるものや
発達障害、注意欠陥多動性障害の原因になるものもあるそうです。

普段何気なく食べているものに注意が必要となるのです!

 

ブログ

 

 

 

 

 

 

お恥ずかしい話・・・
実は私も「食品添加物」の名前は知ってはいるものの
いちいち裏の原材料をチェックしていませんでした( ;∀;)

メモを取りつつ先生の講義を聞いていると、ふと疑問がわきました。
「何を食べたら良い?」と。

 

疑問、不安だらけの私たちに先生はこう言われました。

「食品添加物は完全に排除する必要はない。
毎日同じ物を食べないように気を付ければ良いだけ。
乳幼児や妊婦さんの過剰摂取に気をつける意識を持つこと。
そして、食の安全についての報道や、やたらと危険をあおるような
書籍などにまどわされない気持ちが大事。」

 

親から子に「おいしいものは何か」を見極めて
しっかりと伝えることがとても重要なことです。

 

これからも笑顔ある美味しい食卓を守っていきたいですね★

防災への心構えを持ちましょう!

みなさんは、もしもの際の心構えや対策は大丈夫ですか?

 

昨年5月に発生した「熊本地震」や今年7月の「九州北部豪雨」など
記憶に新しい災害がおこりました。

そんな時、防災対策の知識が自分だけでなく大切な人たちの命を救うのです。

 

第7回家庭教育学級講座では
博多あん・あんリーダー会代表幹事副会長、防災士の上野直美さんに
「身近な防災」について講演いただきました。

ブログぶろぐ1

 

 

 

 

 

 

まずは、上野さんたちがボランティア活動に参加した時の
実際の被災地の写真を 丁寧な解説つきで、次々とスライドに映しだされます。

ぶろぐ2

 

中でも、ごう音をたてながら泥水が
流れる川の動画には
その迫力に一同びっくり!

 

「自分の身は自分で守り、自分たちの町は自分たちで守る」
災害がおこった時には 誰かが助けに来てくれるのを待つのではなく
自分自身で災害を乗り越えることが大切です。

そのためには 家族間のコミュニケーションはもちろんのこと
ご近所さんとのお付き合いも重要になってきます。

そして 防災意識は熱しやすく冷めやすいので
機会があればイベントや訓練には積極的に参加することが大事。
街角で催されているイベントがあれば、買い物の途中に
少しでものぞいてみましょう(^^)/

 

防災グッズのそろえ方は、いつも自分が使っているものを備蓄すること。
また、使ったことのないグッズは 必ず一度使用してみることも大切です。

ぶろぐ5ブログ2

 

 

 

 

 

 

今回の講座では、備蓄食料の「アルファ米」と缶詰の試食も行いました。

ブログ試食
アルファ米は皆さんにも
作り方をお伝えしようと
講師が代表して作ってみます。

と言っても、お湯を注ぐだけ
なんですけど・・・(^◇^)

 

実際の試食では 少量にはなりましたが、
「思っていたより おいしい。」の声が多く聞かれました。

 

 

「災害は 忘れたころに やってくる」

 

ひとごととは思わずに いつも意識を高めていたいものです。

染めの奥深さが感じられました。

「BATIK RESSON ろうけつ草木染め中級講座」

 

中級講座の、初級講座との違いは「多色」!

 

個性ある色使いで受講生はスラスラと仕上げていきます。

ブログ4ブログ3

 

 

 

 

 

ブログブログ5

 

 

 

 

 

 

初級の時とは違い、みなさん蝋を入れるのが早いんです!

「作業工程は増えて大変だけど仕上がりが楽しみ」と
楽しそうに作業を進める姿も見られました(^^♪

 

ブログ3

染料、媒染剤は一人一人違うため
きちんとメモを取りながらの作業。

このひと手間がとても重要なんです!

 

 

四苦八苦しながらもあっという間に終わった中級講座の最終日。

あいにくの雨にはなってしまいましたが、
色鮮やかな作品に囲まれながら、無事閉講式を迎えることができました。

ろうけつろうけつ写真

 

 

 

 

 

 

また、10月7日~9日に秋の文化祭があり、
当講座受講生の作品の展示を行いました。

ぶろぐぶろぐ3

 

 

 

 

 

ぶろぐ2ぶろぐ4

 

 

 

 

「ろうけつ草木染め作品が素敵!」とたくさんの方から
声を掛けていただき今年も大好評の作品展示となりました♪

 

4月26日から始まった当講座で「ろうけつ草木染め」の楽しさを
感じていただけたのではないでしょうか?

次の募集は来春の予定です!お楽しみに( *´艸`)~☆

身体を見直して、美ボディーラインへ!

第6回家庭教育学級講座では
髙木健一さんによる「美姿勢ストレッチ」を行いました。

ブログ9

 

髙木さんは
整体院tete代表であり理学療法士として
町内だけでなく北九州市等でも教室を開かれ
幅広い年代の方々に大人気の先生です!

姿勢を意識することでカラダは変わります。

普段意識することのない「姿勢」を
改めてお勉強しました(^^♪

 

~美姿勢に欠かすことの出来ない3つのポイント!~
1、正面だけでなく身体の横のラインを意識すること
2、左右の肩と骨盤の高さを意識すること
3、頭の中心から空へ糸で釣り上げられるイメージを持つこと

この3つが大事となってきます。

ぶろぐ6

 

整体院teteのマスコット「teteくん」の
とても見やすいカラダを使い
肩甲骨や骨盤などの正しい配置や
正しいラインなど詳しく学びます。

 

 

知っているようで、詳しく知らないこともあり
受講生は真剣に聞き入っていました。

ぶろぐ5

 

また、耳、肩、肘、股関節、膝、足首までが
一直線になるよう意識をするのだとか。

 

 

難しいですね・・・。
美姿勢までの道は厳しそうです(´・ω・`)

ぶろぐ1ぶろぐ7 (1)

 

 

 

 

 

四苦八苦するわたしたちに
姿勢をチェックする簡単なやり方を伝授くださいました。

「壁」を使うのです!
注)決して壁ドンではありません★

 

壁にかかとをピッタリとつけて、頭、背中、お尻全てが
きちんと壁についているかチェックします。

腰は手のひら1枚弱入るのが理想だとか。
手のひら2枚入る方は反り腰。
逆に背中がつくのに頭がつかない方は猫背ぎみです!

 

受講生のみなさんも壁チェックをペアで行い
「腰が浮いてる気がする!」「私は大丈夫」など
ワイワイと楽しくチェックをされていました。

 

さぁ、チェックの後はいよいよストレッチです♪

ぶろぐ2

ぶろぐ3

 

 

 

 

 

優しい音楽とゆったりとした時間の中
気持ちよさそうな表情でストレッチを行う受講生の姿が印象的でした♪

ストレッチ後の体の変化に驚かれる方も見られましたよ!

 

みなさんもぜひ 「姿勢」を意識してみてくださいね(^^)/