今年も新米講師を応援します!

 

講座倶楽部の講師デビュー応援プロジェクトが始動しました。

スキルアップ講座第一弾では、「講座作成ワークショップ」で「教える」ワークショップを実施。なかなか最初の一歩を踏み出せないという方のために、教える際のコツや集客の方法など、講師になるためのやる気を引き出しました。

そして、第二弾は「新たな働き方をデザインする」という内容で、新たな視点から仕事を考え、アイデアの発想法やその実験方法などを身に付けました。

「講座作成ワークショップ」の講師は、株式会社ストリートアカデミー執行役員の窓岡順子さん。
30000人近くの利用者をもつ、学ぶ人と教える人を結ぶウェブサイトの運営をされています。そんな多種多様な講座企画をされている窓岡さんより、講座タイトルや内容については反応をみて、どんどん更新していくチャレンジ精神が集客に効果的であることを学びました。
ワークショップでは互いの講座について、「行きたいと思うかどうか」「なぜ行きたいのか」あるいは「なぜ行きたくないのか」をシェアし、「ではどうしたら魅力的になるのか」までを考えました。こういう場では、マイナスの意見ほど役に立つとのこと。自分の企画を冷静に見直す良い時間になりました。

resize0397%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e9%a2%a8%e6%99%af

 

 

 

 

 

「新たな働き方をデザインする」の講師はまちとひとの未来の発明家、下野弘樹さんです。
下野さんは清川リトル商店街などクリエイティブな活動拠点を生み出し、新たな場の使い方を提案することで話題を呼んでいる方です。
常に、オリジナルであることにこだわり、小さな仕事を複数もつ働き方「小商い」についてもお話しいただきました。
ワークショップでは前回とは逆に「こんな講座が受けてみたい」というテーマで、参加者に様々なアイデアを出してもらいました。自分の講座ばかりに向けている視点を逆方向へ転換することで、視野が広がり新鮮に感じた参加者も多かったようです。

resize4540%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e9%a2%a8%e6%99%af2

 

 

 

 

 

 

この講師デビュー応援プロジェクトも3年目を迎えました。
知名度が少しずつ上がってきているようで、25名もの方にお申し込みをいただきました。嬉しい反面、デビューのお手伝いができる人数に限りがあるため、スタッフ一同、心と頭を悩ます選考になりました。

とはいえ、どんな講座のラインナップになるのか、12月の告知をどうぞお楽しみに!(^^)/