家庭教育学級第6回「備えあれば憂いなし」

さぁ、夏がやって来ました!

公民館も夏休み中の子どもたちの笑い声とセミの大合唱でにぎやかですよ~(^O^)

本日は暑い夏にピッタリの常備菜「ピクルス」作りです。

講師は『Home made 精進 楓(カエデ)  店主  舩津 美江子 氏』

resize0245resize0240

 

 

 

 

 

 

 

「素材のうま味を引出し無駄なく食材を使い切る精進料理のエッセンスをもっと家庭料理に取り入れたい!」

講師の想いは、自宅菜園で摂れた旬の野菜たちが主役となって眼にも鮮やかな食卓を演出してくれます。

resize0254resize0259

 

 

 

 

そのままでも美味しくいただけますが、とっておきのアレンジメニューも教えていただきましたよ~♪

食欲の無い日にもピッタリなメニューで暑い夏を乗り切りましょう!!

家庭教育学級第5回「睡眠はからだとこころのバロメーター」

「睡眠」にはたくさんの役割があります。

resize0097①脳・身体の休養、疲労回復

②脳の加熱を防ぐための体温下降

③エネルギーの保存

④身体の成長

⑤免疫機能増加

⑥記憶の固定

私たちが眠っている間もからだはしっかりと働いてくれているんですね!

特に質の良い睡眠を摂ると、成長ホルモンがたくさん分泌され脳の発達を促してくれるそうです。また、新陳代謝を促すのでダイエットにも効果があるとか…!

お招きしたのは

『久留米大学医学部 神経精神医学講座 教授 内村 直尚 氏』

睡眠や生活のリズムが心や脳に大きく影響していることを解りやすくご説明いただきました。

resize0080幼少期の睡眠不足や生活のリズムの乱れは大人になって不安や抑うつ、攻撃的、学力の低下などとして現れることも…。

テレビやゲーム、スマートフォンの使用など、現代人は身体よりも脳を使うことが圧倒的に多く、脳の疲れは6割が視覚からだそうですよ~!

 

定刻に朝陽を浴びて目覚めること。

早起き、早寝をすること。

昼食後の20-30分お昼寝すること。

睡眠=脳の休息=心の休息

さあ、今日から実践です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「南部ふれあい講座」始まってます!

たくさんのご応募ありがとうございました。

4コースとも満員御礼申し上げます!

今年は南部公民館の改修工事のため、

会場を中央公民館に変更して開催しています。

開会式は向学心あふれる92名の受講生で熱気ムンムン!

教育長の挨拶にも力が入ります。

教育長開講式様子

 

 

 

 

 

 

 

これからどんなドラマが生まれるのか楽しみですね。

さて、今回は健康コース「メディカルストレッチ」

趣味コース「脳若トレーニング」をご紹介しましょう。

「メディカルストレッチ」は

身体の仕組みを熟知している

理学療法士のICHIKEN先生が講師です。

ただ運動するのではなく

理論をしっかりと理解して動くので効果は倍増!

自分に合ったストレッチを身に付けて

普段の健康に活かしていきたいものです。

ところで、ここ数年健康コースは

女性の講師が多かったのですが

男性もいいですね~♪新鮮です。

resize4423resize4424

 

 

 

 

 

 

 

「脳若トレーニング」は

脳若トレーニング認定講師の栗栖浩子先生。

resize4365resize4414

 

 

 

 

 

上の写真(右)はアイパッドを使ってクイズに挑戦中!

これが意外に難しい・・・(^_^;)

思わず夢中になれる楽しさです。

豊富なプログラムで

笑ったり、体操したり、考えたり、

脳をフル回転させる60分間。

講座が終わるころには

どれだけ脳が若くなっているのか!!

効果が楽しみですね。(*^_^*)

 

次回は

「漢字を楽しむ」「暮らしの薬膳」のご紹介です。

お楽しみに~(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

家庭教育学級第4回「私らしく見送るための心得」

いつか訪れる「大切な人」との別れ。

「見送る側」は「見送られる側」の気持ちに応えたいと考えているのにトラブルに発展するケースをよく耳にします。

今回は『行政書士 髙村 英子 氏』をお迎えし、いざと言う時に慌てず後悔しないための心得を学びました。

resize0088

大切なのは「生きている間」のようです。

「見送られる側」の意思と

「見送る側」とのコミュニケーション。

親子、夫婦、兄弟、姉妹間で意志の疎通は出来ていますか?

 

「人間関係の難しさ」「脆さ」が露呈した事例を交えた講義に心がザワザワ…。

「我が家には関係ない」「いつか考えよう」

そんな今までの無責任を反省。

resize0073resize0082

 

 

 

 

一人ひとり異なる人生、家族関係、生活環境だからこそ

生きている間に情報や想いを共有する。

私たちが「いま」すべきことを考える時間となりました。