「南部ふれあい講座」スタートしました。

たくさんのご応募本当にありがとうございました。

各コース定員を超えるお申し込みをいただき、やむなく抽選をせざるを得ないコースもありましたが、総勢80名の受講生を迎えての出発となりました。

写真は開講式の様子です。

教育長の挨拶とともに熱気が伝わってきますね。resize3674

 

 

 

 

 

 

今回は「平家物語」コースの学習風景をご紹介しましょう。

講師は福岡教育大学名誉教授の板坂耀子先生です。

一時間目は平家物語が生まれた背景を板坂先生独自の目線から考察しました。

物語のあらすじを追うのも楽しいけれど、歴史の流れと共に作品がどのように受け継がれてきたのか?それを知ったうえで物語をとらえていくと、また違った側面が見えてくるのですね~。

いや~、深いです。これだから文学はやめられない!

resize3649

家庭教育学級第2回「美味しいお茶の淹れ方」

お茶を飲んだ後のうっとりするような「甘み」を感じたことはありますか?

茶葉を入れ、お湯を注ぎ、いただく(飲む)。

簡単なようでも極めている人は少ないですよね。

「美味しいお茶が飲みたい。」

「お客様に自信をもってお茶をだしてみたい。」

そんな女子たちの願いに応えるべく

日本茶ソムリエ 前田敏さんをお招きした今回の講座。

resize0007

resize0021

 

 

 

 

 

 

プロの淹れたお茶をテイスティングしたあとは

実際に自分で淹れていただきました。

ちょっとしたポイントさえつかめば、お煎茶でも

水色、香り、甘み、うま味、を十分に堪能できるのです!

「今までのお茶っ葉さん、ごめんなさ~い(>_<)」

resize0011

 resize0020     

最後の一滴まで搾り出すことを学んだみなさん。

毎日のお茶タイムもいちだんと家族の笑顔があふれることでしょう。

使用した煎茶「えにし 縁」の名のとおり

前田先生とのご縁が

みなさんのご家庭にも素敵な時間となりますように・・・

 

 

 

家庭教育学級第1回「脳から見た子育て」

本年度のテーマは「学び時間~気付いた今日が始めどき!」

募集定員を超えるお申込みをいただきありがとうございます。

resize3627

 

 

 

 

 

泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・

自由人である子どもたちを育てる毎日は

自問自答の日々ですよね。

 

でも、そんな子どもたちが「かけかげのない学びの時期」を

過ごしていること、ご存知ですか?

 

子どもの脳は急激に成長し、さまざまなことができるようになります。

「できない」が「できる」になる脳の変化を「学ぶ」といい

学びに最適な時期や、注意できる環境の必要性など

働きものである人間の「脳」のメカニズムを

講師の九州歯科大学准教授 吉野賢一先生は

楽しく、解りやすくおはなししてくださいました。

 

大切なのは・・・

人は相手の顔を見たときに

どんな意図(心)を持っているかを推察、理解するのは

眼で見ているからではなく

脳でみている(感じている)ということを

理解しておくこと。

そうすれば、目や顔を合わせて

心を見ることができるそうです。

吉野先生

 

 

 

 

 

吉野先生、素晴らしい講演をありがとうございました。