「ふれあい講座」受講生募集

『公民館講座』コロナ禍からの復活 第二弾‼IMG_8155-resize

10月13日(火)スタート

「ふれあい講座」のご紹介です

人気のヒミツは

毎年いろいろな  “学び”  に出会えること

「ちょっとお試しに…」という方に

とくに好評をいただいています(^^)

今回はできるだけ大勢のみなさんが集まらずに済むように

コースにより時間帯が異なりますのご注意ください

次の3つのコースよりお選びください

午前【10:00-12:00】に開講するのは…

■教養のフランス史~中世から近代にかけて~

西南学院大学 教授  花田洋一郎さんを講師に迎え

“激動の時代”と呼ばれる時代に起こった 歴史的な出来事を解説していきます


■こころ緩める珈琲時間~ハンドドリップの魅力~

バリスタ歴20年 cafe CUCTUS店主  丹波地 美希さんより

家庭でのコーヒーの楽しみ方を学びます


午後【13:30-15:30】からの学びをご希望の方は…

■ジャイロキネシス~動きと呼吸のハーモニーで心地よくボディメンテ~

リハビリを目的に生みだされたエクササイズは 座っての参加も可能です

講師は YUKI DANCE-LOOP  木村有希さん


全コース5回の学びです

「午前だけの  “学び”  良し」

「午後だけの  “学び”  良し」

「午前と午後 2つの  “贅沢な学び”  はさらに良し」

気の向くままに お申込みください

ご応募  お待ちしております

https://www.town.mizumaki.lg.jp/learn/lifelong/lflg06/2020fureai.html

 

「大切な人へ想いを伝える筆文字講座」

IMG_0638-resize

閉館中はひっそりとしていた公民館

徐々にではありますが

新型コロナによる非常事態宣言が解除され

施設の新しい利用マナーにご協力いただきながら

みなさんをお迎えしています(^^)

 

これまで経験したことのなかった “STAY HOME”

長い自宅待機で 暮らしの変化や

外出できないストレスを抱えた今こそ

こころ穏やかに ゆっくりと

スタートしてみませんか?

 

「公民館講座」再開第一弾は

『家庭教育学級  一日だけの特別講座』です

自分へ 家族へ お友だちへ

「必要なタイミングで 必要な人へ届ける」

準備するのは筆文字と優しい気持ちだけ

字の美しさは必要ありませんよ~!

講師は 清水みちよ(tute筆子)さんをお迎えします

筆5

 

 

 

 

 

 

令和筆文字-resizeIMG_0698

 

 

 

 

 

 

マスクを着用のうえ、お越しくださいね

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

(広報での募集告知は8月10日号を予定しています)

 

 

癒しの時間の中での「陶芸講座」

11月14日から開講した初心者向けの陶芸講座!

「興味はあったけど上手に作れるかな?」と
ドキドキで受講される方もいらっしゃいました。

木々に囲まれた陶芸室は、ゆったりとした時間が流れていて
日々忙しく過ごしている方には癒しの空間になるかもしれません。

ぶろぐ-resizeblog-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の伊藤明美先生     アシスタントは栗山幸子さん
ぶろぐ1-resize ぶろぐ-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな口調で優しい雰囲気の中、一回目から作品つくりが始まります!

 

まずは、「たまづくり」で抹茶碗の制作です(^^)/

ぶろぐ-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

 

「板つくり」では、マグカップ。
高さを変えて、子どもちゃんや旦那様とペアカップに★

ぶろぐ1-resize ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

最後に「ひもつくり」で、湾曲した作品も作れるため
花瓶や丸いフォルムが可愛いものも出来ちゃいます♪

ぶろぐ-resize

 

 

 

 

 

 

作品つくりの間には、ろくろ体験も同時に行いました(^◇^)

自在に土を動かす魔法のような講師の手のイメージで
みなさん体験されましたが・・・
「思った以上に土が固い!!!」と苦戦する様子も伺えました。

 

様々な技法での成形の後は、けずり作業で形を整えます。
(抹茶碗であれば高台をつけ、マグカップは取っ手(握る所)付けなど)

削り作業後は窯で素焼きを行い、その後釉薬で色を付けます。

その人によって同じ釉薬でも、色や雰囲気が変わって、自分だけの
オリジナル器が出来ていました!!!

 

そして、最後に窯に入れて本焼きです。

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きの工程は、受講生自身は体験は出来ませんが、
一つの作品を作るために、様々な工程が沢山あることに
驚かれる受講生の姿も見られました(/・ω・)/

ぶろぐ-resizeぶろぐ-resize

 

 

 

 

 

 

 

楽しく和気あいあいとした講座となり、
今後も陶芸をしたい!!!と嬉しい声もありました。

また、 来年度も陶芸の魅力が伝わる講座を計画中です(^^)/

 

手洗いうがいを徹底し、打倒!コロナウイルス!の志の元
皆さんに楽しんで頂けるような講座を企画していきますので
来年度以降も是非、ご参加くださ~い!!!!

百人一首~歌人が伝えたかった心の風景~

古くから伝わる、日本ならではの美しい言葉。

平安時代のゆったりとした情景が想い浮かびます。

 

「百人一首」コースの講師

ぶろぐ1-resize

 

和歌文学研究科 歌人

島田裕子さん

 

 

ぶろぐ-resize

 

 

アシスタント

廣中光子さん

 

 

 

10月15日より始まった講座は、百人一首の成り立ちから学びました!

学生時代に学んだ方、カルタ取り遊びなどで身近に触れたことのある

知識の豊富な受講生が多く見られました。

ぶろぐ1-resize◆百人一首…100首

◆百人秀歌…101首

では、どちらが先に作られたのか?

この先生の問いに、意見が飛び交います。

さてさて、正解は…

「様々な説があり、正解はありません。これからも議論を続ける」との事。

それだけ、奥深く魅力のある和歌の世界。

だからこそ多くの方に、長年魅了され続けているのでしょうね(*^▽^*)

耳慣れたそれぞれの歌の意味の深さに、関心を持って聞く姿が見られました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

風流(みやび)アイドルの小野小町と在原業平の歌をはじめ、

平兼盛と壬生忠見との命を賭けた歌合、西行法師の人生を詠む歌など

認知度の高い歌人の心情を読みとり、なぜこの歌が好まれたのか考えます。

 

その中でも、恋の歌は大好評!

甘酸っぱい初恋や青春時代を思い出し、盛り上がりました!!!

平安時代の女性は

「百人一首」「琴」「書」の3つが必須。

いかに素敵な歌を作れるか、それが女性の魅力に繋がるのだそうです。

 

現代のように簡単にメールで思いを伝えるのではなく、

風景をイメージし、情熱的でロマンチックな言葉で

和歌を送ってもらえる昔の女性を、うらやましく感じてしまいます(^-^;

美しい言葉はどの時代にもなくてはならないものですね。

 

また、奈良時代の貴族を再現したレプリカの衣装。

ぶろぐ3-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

左が男性、右が女性。

男性の衣装の「紫色」は、位の一番高い方が身に付ける事の

出来る色だったそうです。

紫草で染めるため、染液を作るのが大変…。

また、貴族のお姫様が着ていた衣装は

農園の管理をするため、走ったり、馬にも乗れるような

動きやすいデザインなのだとか。

色鮮やかで機能性も備えた衣装を手に取ったり、着付けの方法を聞き

衣装を羽織るなど、穏やかな時間を過ごしました。

 

衣装をはじめ、普段目にすることのない和歌の本など、

なかなか手に取って見る機会もないため、大変有意義な講座となりました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

そして、受講生より

「作者の心情を理解し、序詞から情緒を読み取れるようになった」

「何度も聞きたい内容だったので、また百人一首講座があれば参加したい」

などの声も聞く事が出来、スタッフとして大変嬉しく思いました!!

スマートフォン~初心者の「?」を解決‼

 

大好評のふれあい講座「スマートフォンコース」第2弾。

昨年 涙の落選を経験された方

2年連続受講希望の方など

熱い開講希望にお応えし

「持ってはいるけど使いこなせていない。」

そんなみなさんにお集まりいただきましたよ~(#^^#)

相変わらずの高倍率を勝ち抜いた強運の持ち主のみなさんです。

sumaho1

 

 

 

 

 

「受講中はわかっているが 帰ったら忘れてる」

「楽しかった! 自分のアホさに驚いた」

「受講時間中はとても楽しく すっかり解かった気になるが 操作方法をすぐ忘れてしまう」

みなさん安定の感想です↑↑↑

でも それで良いんです(^^)

IMG_0163-resize

講師 エム・ティ・シ―株式会社

里村 歩さんの“魔法の声掛け”で

楽しく理解しているような錯覚に…いえいえ

理解出来るようになっているんです。

ただし、次の講座までにはきれいさっぱり

忘れている方がほとんどですが…(笑)。

 

IMG_0182-resizeキャッシュレスな時代の到来に

「関係ない。」とそっぽを向かず

ドンドン学んで自分に必要な物だけ

実用していけたら良いですよね。

 

IMG_0188-resizeIMG_0171-resize

 

 

 

 

 

ユーモアあふれる分かりやすい講義で「LINE」を中心に学習した今回。

「QRコード」を読み取って入力する毎回の講座感想も送信OK!

「YouTube」で大笑いし

講師のユーモアトークに気付かないほど

手元に集中する向学心旺盛な受講生(笑)

みなさんの生活に少しでも彩を添えることができますように…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水引かざり~想いをカタチに~

 

10月からスタートした「ふれあい講座」が全課程を修了しました。

今回ご用意したのは次の3コース↓↓↓

■百人一首で逢いましょう~歌人が伝えたかった心の風景

■水引かざり~想いをカタチに

■スマートフォン~初心者の「?」を解決‼

ご応募いただいたみなさん、ありがとうございました(^^)

残念ながら 受講いただけなかった方は 懲りずに来年も

チャレンジしてくださいね~!

IMG_9831-resize

 

女性に大人気だったのが

「水引かざり~想いをカタチに~」コース。

講師は 槙 朋子さん

優しい雰囲気が作品にそのまま表れています。

 

IMG_9934-resizeIMG_9849-resize

 

 

 

 

 

生活の中に「和心(わごころ)」を見つけるとほっこりしますよね。

伝統を残しつつ 現代風にアレンジした作品が人気のヒミツ。

「水引き」ってご祝儀袋だけじゃないんですね。

無題0148

 

 

 

 

次々と課題をこなし

創作意欲にあふれるみなさんは口々に

「楽し~いっ!」「まだまだ作りた~い!」

お正月飾りも準備万端です(^^)

IMG_9846-resize

IMG_0140-resize

 

 

 

 

 

基本の結びから生まれる作品は

配色とセンス次第でいろいろな顔を見せてくれます。

IMG_0149-resize「夕飯作らずに水引きをずーっと作ってた~い!」

その気持ち分かりますぅ(#^^#)

「次は何を作ろうかな?」

ワクワクすることを見つけたみなさんは

今日も創作しているのでしょうね。

 

再受講を望むみなさんにまたお会い出来ますように!

 

 

 

子育てへの自信がつきました★

第8回目の家庭教育学級講座。

あっという間に、講座最終日となりました!!

最終日の講演は、子育て世代だけでなく、
地域の全ての方に聴いてもらいたい内容です。

ぶろぐ-resize

最終日にふさわしい講師として
幼児教育専門家 子育てアドバイザーの
熊丸みつ子先生をお迎えし
「うちの子最高!
~今、子どもたちに伝えたいこと~」の
テーマでご講演くださいました。

 

 

子育てはイライラばっかり。
優しい親でいようと心掛けても、ついつい怒っちゃう。

今日は優しくしようと思ったのに…と
我が子の寝顔を見ながら「ごめんね」と謝った人も多いでしょう。

私もその一人です。

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

でもそんな私たちに
「大人をイライラさせる子どもは素敵に成長しています。
大丈夫!順調よ☺」と熊丸先生の素敵な一言を頂きました!

 

子どもは、色んな事をして、やってはいけない事を学ぶのだそうです。

ぶろぐ2-resize手間暇かけて大切に育てられた子は
”自分を大切にする。”

また、泣いた回数の分だけ
”人を信じる事が出来る。”

そして
抱きしめられる量は決まっていて、
足りないと他の人に求めるのだそう。

 

「どの子も産まれた時は真っ白よ。」と先生。

 

子どもは大人の真似をして学んでいきます。

 

思春期の時期は
自分のやりたいこと・言いたいことの反対の事をしてしまう。

そんな子どもたちにも
きちんと向き合って満たしてあげてほしいと 先生はおっしゃいます。

 

ぶろぐ4-resize子どもは、愛情を”もらう”のが仕事。
大人は、愛情を”あげる”のが仕事。

また、子育てで大切な
「叱って・褒めて・伝える」の3原則。

相手を認めることが「褒める事」
やってはいけないことを伝えることが「叱る事」
叱る事は大事で、何度も何度も子どもに伝える。

 

ただ、どうしても親だけでは限界があり
子どもたちのガス抜き(抜け道)役として
周りの大人が子どもたちに関わることが必要とのこと。

地域での子育てが大事ですね。

子育てが一段落したら、地域の子どもにも目を向けていけたらいいな~。

ぶろぐ3-resize

 

 

 

 

 

 

先生の軽快なトークに「泣き・笑い・共感」させられました(/・ω・)/

自分らしい子育てを目指すために、
イライラしたら自分も子どもも順調!という合言葉を心に秘め
日々過ごそうと思います。
今日の講演を聴いて、子育てを頑張っていく活力が沸きました!!!

 

熊丸先生、ありがとうございました。

 

そして、今年受講いただきました皆様、お疲れ様でした~(^^)/
ありがとうございました!!!

痛みのない体つくりを目指しましょう!

10月3日に行った
第7回目の家庭教育学級講座は
毎日忙しく過ごし、そして、夏の疲れもくる
この時期にピッタリの「背骨コンディショニング」です。

ブログ2-resizeブログ1-resize

 

 

 

 

 

 

 

講師は背骨コンディショニングスペシャリストの
奈須本尚子さんを迎え
「一生痛みのない体をつくる背骨コンディショニング
~背中、肩、腰スッキリ体操~」をテーマに行いました。

ブログ3-resize

 

 

 

 

 

 

骨が歪むと神経が引っ張られて固くなり、痛みやしびれ、
筋肉のコリや内臓の機能障害にもつながるため、
自分の身体のゆがみを知り、改善していくことが大切です、と先生。

《背骨コンディショニングの3要素》
①ゆるめる…固くなった関節や神経をゆるめる
②矯正する…背骨を元の位置へ戻す
③筋肉向上…歪まないように筋力をつける

これを頭に入れて取り組みます。

ブログ5-resize

 

まずは歪みを確認すべく、
ペアになり天井を見上げます。
これで、おでこと床が平行になって
見上げることが出来ないと
歪んでいますよ…と声がかかります。

 

また、顔だけを左右に向けて肩から耳、頭のてっぺんが
床に垂直になっていないとダメだそう。。。

ペアで確認しながら、笑い声や不安げな声も聞こえてきます。

確認した後は、身体をほぐし、緩めながら
先生お勧めの5つの体操をじっくりと時間をかけて
行っていきます(^◇^)

テレビを見ながらでも、簡単に短時間で出来るそうで
「みなさん、毎日行わないと効果が出ませんよ~」と
笑顔でおっしゃいます。

飽きっぽい私には、ドキリとさせられましたが、
痛みを根本から治すためには、そして、予防するには
毎日の積み重ねが大事だと改めて感じさせられます。

そして、どこかに痛みを感じている人の多くは
仙骨が後ろに倒れているからだとか…。

「仙骨が後ろにズレるのは…お尻の筋力が弱いんです!!」との事。

以前、先生に初めてお会いした時に
「あなた、だいぶお尻を甘やかしているわね」と言われたことを
ふと思い出しました。(笑)

年齢を重ねると同時に、自分に甘く、お尻にも甘くなる私には、
何としてでも筋力をつけなければなりません!!

ブログ8-resize ブログ9-resize

 

 

 

 

 

 

一見、地味に見えますが、これが…辛い!!!

自分の足は後ろへ、逆に相方さんはその足を前に押し込む
という単純な作業の筋トレです。

また、四つん這いになり手幅を広げ、足も広げ、
顔は前に向けたまま、胸を床に落とすような筋トレ方法も
伝授くださいました(/・ω・)/

悲鳴や必死な顔の受講生が多く見られました。
「2,3日に1回は、自分を痛めて下さい!!
痛めることで、筋が切れ、その切れた部分が
さらに強く太くなって成長し、それを続けていくことで
プリっと、キュっと引き締まったお尻になり
結果、自分の身体の改善へと繋がっていきます」
と先生は声を大にしておっしゃいます。

 

みなさん全力で筋トレをやられていたので次の日は、
きっと筋肉痛に悩まされたことでしょう。

ブログ6-resize Inkedブログ10-resize_LI

 

 

 

 

最後は、頑張った筋肉君たちへのご褒美のストレッチタイム。

クールダウンをすることで、乳酸が溜まりにくくなるため
なるべくストレッチは行った方が良いですね。

 

さぁ、今日から頑張って来年度の講座には
痛みのないスッキリとした身体でいきましょ♪

 

奈須本先生、ありがとうございました!!!

「明日、起こるかもしれない」に備えよう。

自然災害が各地で起こり、日常生活と非日常生活が

隣り合う今を生きている私たち。

みなさん備えは十分ですか?

水巻町では防災意識を高めていただけるよう

「防災フェアinみずまき」に続く、「パッククッキング講座」を開催しました。

 

災害時用にストックしている缶詰が賞味期限切れ(>_<)

日用品を詰めたはずのリュックはどこへ行ったやら…(*_*)

みなさん、思い当たりませんか~?

 

「防災意識の高い低いに関わらず、たくさんの方にご参加いただきたい!」

スタッフの想いが伝わり、定員を超えるお申込みがあり、

抽選の結果、20名のみなさんにご参加いただきました。

IMG_9990-resize2-resize

 

 

 

 

 

講師は『九州女子大学 家政学部 栄養学科』のみなさんです。

とにかく笑顔がステキで、感じが良いっ(#^^#)

「最近の若者は…。」な~んて言葉を耳にすることがありますが…。

「若い人を侮るなかれ!」

優しく、テキパキと。とっても素敵なみなさんでした♪

IMG_9986-resizeデモ-resize

 

 

 

 

 

なぜ今、「パッククッキング」なのか?注目されている理由は?

◆ひとつの鍋で複数の料理を同時に調理可能

◆アレルギー用や高齢者や乳児用など硬さの違うものにも対応可能

◆主食から甘味まで調理可能

◆材料を入れて待つだけの簡単調理

◆節水できるのでエコにつながる

↑↑↑↑↑これだけでも驚きなのに実際に食べてビックリ!美味しいんです!

メニューはIMG_0025-resize水巻町と九州女子大学で取り組んでいる

「災害食レシピ共同研究事業」で開発されたレシピより

「白ご飯」「鶏肉のスパイシー煮」「さばじゃが」「お浸し風和え物」「ぷりん」

どれも想像以上に美味しくて二度ビックリ( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

IMG_0039-resize最後は、九州女子大学の先生方、講師となった学生のみなさんのお見送りに

受講生3度目のビックリ( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

受講後のアンケートでは講座内容の項目別満足度全てに100%の高評価をいただきました。

 

 

今回のように、みなさんの防災意識向上に少しでも役に立ち、

災害(もしも)の時も

普通(いつも)の時も

より健康的な生活が送れる手段を学べる企画を考えていきたいと思います。

最後になりましたが、学業の合間を縫ってご協力いただきました九州女子大学の皆様に感謝申し上げます。

今年は長旅、社会見学!

第6回目 家庭教育学級講座は、社会見学でした(^^)/

「満喫!好いとぉ、うきは。」というテーマで
①紅乙女酒造で工場見学
②ぶどうのたねで予約困難ランチ&散策
③明果園で梨狩り(買い)体験
④道の駅うきはでお買い物

以上4つの場所を巡りました♪

これに温泉がつけば、家族旅行が出来ちゃう勢いですね!!!

ぶろぐ-resize

今年度の参加者数は23人。

天気は・・・何だろう。
雨が降りかけましたが、
最終的に晴れました。

受講生の行きたいという熱い想いは
見事晴れを勝ち取ることに成功しました!

 

楽しみにしてました~と出発する前からニコニコ笑顔☺

しおりとおやつを持って、いざ出発です★

 

 

まず初めに、紅乙女酒造に向かいます。

みなさんもご存じ、豪華列車”ななつ星”。
その車内で提供されている、胡麻焼酎「紅乙女」の酒蔵見学を行います。

駐車場に着くと同時に、酒造のスタッフの方が置いて下さった「踏み台」。

 

よ~く見ると・・・カッパちゃん!!!

ぶろぐ10-resize ぶろぐ11-resize

 

 

 

 

かっ、かわいい!!!(笑)
何とも言えない手作り感がたまりません。

カッパちゃんの皿を踏み踏みしながら降りて、向かうは酒蔵。

ぶろぐ1-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

向かう最中にもカッパちゃん!!!
酒蔵まで足跡が続いています。

そぅいえば、途中の道沿いにあった田主丸駅がカッパの駅舎でしたっ(/・ω・)/

カッパ伝説が残る町にお邪魔したようです。(笑)
町のあちこちにカッパの像が置かれているそうですよ!(余談です)

ぶろぐ3-resize

 

な、なんと…
森の中にある
雰囲気の良い酒蔵。

早速…
中へ入りま~す♪

 

ぶろぐ4-resize ぶろぐ5-resize ぶろぐ7-resize

 

 

 

 

まず、出迎える「ラッパ飲みの河童さん」。
みなさん写真を撮りまくる、撮りまくる…。

蔵の中は、とても香りが良い!!!

そして、ステンドグラスがあったりと、心地良い空間です。

美味しいお酒にするためには、
クラシックの生演奏や歌声を聴かすのだそう。

自分の子どもよりも手がかかっております(笑)

ぶろぐ9 (1)-resize ぶろぐ9 (2)-resize

 

 

 

 

ぶろぐ12-resize

蔵見学の後は、ごま焼酎の試飲やお酢の試飲
ごまのソフトクリームを食べたりと
個人個人好きな時間を過ごしていました。

次は、うきは市で人気の
「ぶどうのたね」に向かいます!!!

 

 

ランチ会場の「Cafe’坂の下の店」で、予約困難ランチを頂きます。

ぶろぐ17-resize ぶろぐ18-resize

 

 

 

 

とても感じの良い、オシャレなお店です。

からだに優しい、見た目もほっこりな、美味しいランチを
いただきました(^◇^)

メインを2種類から選ぶことが出来、「肉」にしようか「魚」にしようか
各テーブルで迷う姿が見られました。

ぶろぐ14-resize ぶろぐ15-resize

 

 

 

 

デザートは、「ぶどうのたね」で人気の”豆たん”。
サクサクで、中のナッツが絶妙です!!!
甘いものが苦手な私も、ペロリと食べちゃいました☆

お野菜中心でしたが、満足度の高いランチタイムになりました。

ぶろぐ20-resize ぶろぐ19-resize

 

 

 

 

 

 

早めに食べ終わった受講生たちは、豆たんを購入するため
坂の上をあがり、「和菓子葡萄屋」にダッシュしていました。

みんな、しっかりとご家族へのお土産もGETです!

ちなみに、
博多リバレインモール1F(ぶどうのたね博多)にも売ってあるのだそう…。
私も今度買いに行ってみよう~♪

ここでは、ランチの他、ギャラリーとして雑貨なども沢山置いてあります。
いくつかの店舗では、ゆったりとした時間が流れていました。

 

さてさて、お腹も心も満たされた後は、待ちに待った「梨狩り体験」です!!!

ぶろぐ21-resize ぶろぐ22-resize

 

 

 

 

 

 

まずは、試食をいただきましたが…めちゃくちゃ果汁が出てきて美味しい★

社会見学の数日前に台風が来て、たくさん落ちてしまった梨の販売もあり
またまたご家族へのお土産をGETする姿が見られます。

農園には、袋をかぶった梨ちゃんたちが、いっぱ~い。

袋の上から慎重に大きさを探り(笑)、なるべく大きい物を選んでは
優しくもぎとります。

気付けば、かごに沢山入っているではありませんか!!!

楽しくて多めに入っちゃいましたが、家族の笑顔のためにお買い上げです☺

 

最後は、「道の駅うきは」で最終お土産探し。

IMG_9433 - コピー-resize

 

 

 

 

 

箱ごと果物を買う人もいれば、新鮮野菜を吟味している人。
また、のんびりクレープを買って食べる姿も見られました。

 

自然豊かなうきは市。
キレイなお水で育ったお米やお野菜、お酒の他、
寒暖差のある土地でのお茶や果物は最高でした★

ぶろぐ23 (1)-resize

 

 

 

 

 

上の写真は、荷物が重たいと言いながら公民館での解散の様子です。

 

ちょっと足を延ばして遠出した社会見学となりましたが、
大変ご満足いただけたようでした!!!

 

みなさん、お疲れさまでした~(/・ω・)/