おとなのかかわりを見つめ直しましょう

第4回家庭教育学級講座は

「こどもにやさしいまちづくり」を実践すべく、
全国各地で日々活動されている
にじいろCAP代表理事の重永侑紀さんに
「子どもの視点でみる虐待・DV~おとなのかかわり~」
という演題でして頂きました。

ブログ3-resizeブログ-resize

 

 

 

 

 

 

 

最近、虐待やDVを受け、命を落とす子供達のニュースが多く見受けられます。

「子育てはイライラとの隣り合わせ。」
重永さんはそうおっしゃいます。

そして、 サザエさんを例に出し、分かりやすくお話しくださいました。

 

例えば、タラちゃんは、
自由気ままに外に一人で遊びに出かけています。

それは、安心して外で遊ぶ環境が整っているからだとか。

家ではもちろん、ご近所、地域ぐるみで
みんなで優しく見守っています。

また、サザエさんが家事を途中で投げ出しても
ひと悶着後は、美味しい温かい食卓が待っています。

誰かが必ず支えてくれているんです。

だから、のびのびして母も子も毎日元気にいれるのだそう。

 

確かに、サザエさんはいつも誰よりも元気に毎日過ごしていますね。

うらやましい限りです。。。

ブログ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

地域で子育てが出来た昔とは違い、ワンオペ育児が多い現代。

子育てしやすい環境をつくってあげるのも地域の役割。

 

悩みがあるかたには、口を挟まず話を聞いてあげるだけで
相手はリラックスし、ストレスを調節出来る様になるんだとか。

是非、周りに悩んでいる人がいれば
黙って話を聞いてあげて気持ちよく過ごすためのきっかけを
つくってあげられたらと思います。

 

ブログ1-resize

そして突然ですが、

さあ問題です。

「事故率が高いのは小1と小6のどちらでしょう」

正解は小1です。

 

 

「そりゃ、そうだよね。落ち着きがないからね。」

と思われる方も多いかと思います。

でも、落ち着きがないわけではなく、大人と認知が違うからなんだとか。
そして、幼いほど私たちが思っているより、視野がかなり狭いのだそう。

 

では、自分の手で望遠鏡みたいにして覗いてみてください。
真正面しか空間がなく、左右上下の端が見えませんよね?
それが、6歳の視野だとか。

「かなり狭いですよね。だから、目の前の事しか出来ないんです。
だから、子どもは迷子になりたくもないのに迷子になるんです。」
と重永さん。

ついつい
「なんで、出来ないの?なんで後ろをついてこないの?」と叱りたくなりますが、
この狭い視野だからこそ子どもは出来ないのです。

よく迷子になる我が子を不思議に思っていましたが、
これで納得です。反省です。

 

そして、脳の成長は30年かかるのだそう。

22年たつと脳がいるもの、いらないものを調節し、
25年たてば落ち着いた脳になり、
親のありがたさや、心から「ありがとう」と
言えたり思えたりするんだそうです。

であれば、私の脳はやっと成熟したんだなあ
なんて、ふと思ったりはしましたが。。。

子どもたちには経験や言葉、安心感など、たくさん体験をさせ
大人はその見本となるようにしていかなければならないと
改めて考える事が出来ました。

 

受講生も重永さんの言葉一つ一つに頷き、
メモを取っている姿も見受けられました。

「子どもを認め、共感し、褒める」

今日から少しずつですが、実践していきたいと思います(*^▽^*)

 

子どもの行動を考え、きちんと向き合うことの大切さを
深く考えさせられました。

重永先生、ありがとうございました。

日常使いしたくなる「がまぐち財布」

お待たせしました!!

ブログのUPが遅くなってしまいましたが、
家庭教育学級講座のお話ですヨ(^^)~★

 

第3回家庭教育学級講座は、がまぐち財布つくり。

アトリエスペアミント
がまぐち作家 あいとく えみ さんに
「はじめてさんにピッタリ!自分だけのがまぐち財布」をテーマに
優しく、丁寧に、そして楽し~く、教えて頂きました!

ブログ-resizeブログ6-resize

 

 

 

 

がまぐち財布の生地をたくさんご用意して頂き、
早いもの順で自分好みの柄を選びました。

ブログ4 (2)-resize ブログ4 (1)-resize

 

 

 

 

 

 

 

可愛い柄から渋めの柄まで様々。。。

たくさんありすぎて迷います。

ブログ3-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

表布と裏布を先生の指示通りに合わせて縫います。

みんなが縫った、縫い目が様々。。。

先生が、縫い目を合わせてくださいとお伝えするのに
細々縫う人もいれば、大雑把に縫う人も。

縫物が苦手な私としては、愛嬌があって、
それはそれでいいんです(*^▽^*)

 

黙々と、丁寧に、着々と進む作業。

そして底の部分を縫い終わり、”くるりんぱ”

 

するとあーら不思議。お財布部分ができあがっています。

ぶろぐ-resize

意外と大変。

でも
しっかり縫えていて嬉しい。

がんばった~!!!

 

 

 

あとは、口金(くちがね)を本体につけたら完成です★

ぶろぐ2-resizeブログ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ1-resize

1人1人柄が違ってかわいい~♪

みんながんばりました!!!

さあて、なに入れようか。

 

 

これを機会にがまぐち財布以外に興味をもって
いろんな作品をつくってもらえたら幸いです(*^▽^*)

 

ちなみに、がまぐちクマちゃんポーチも可愛くて
作りたいという受講生が多数おりました。

お家に帰って早速ぬいぬいしている事でしょう★

ぶろぐ1-resize ブログ7-resize

 

 

 

 

 

苦手な縫物でしたが、先生の楽しいトークに笑いっぱなしで
楽しい時間となりました。

あいとく先生、ありがとうございました(^◇^)

メディアのこと、みなさん考えていますか?

 

「メディア依存」

 

私には関係ないと思っていませんか?

実は・・・
赤ちゃんからご年配の方まで、全ての方に該当するワードなのです!

 

家庭教育学級講座の第二回目は
「心と身体を守るために  今知っておきたいメディアのこと」という演題で
子どもとメディア 是石 尚子 氏にご講演いただきました。

ブログ1

私自身、ケータイゲームは特にしてないし
子どもに言い聞かせられるためにしっかり聞いておこう! と考えていましたが、
講演後は「これって我が家の事やん?!」と愕然としました( ;∀;)

 

「テレビはいつも付けていませんか?
朝起きたら付けて、食事中も付いていませんか?」と問われ
半数の方が申し訳なさそうに手を上げられていました。

実は・・・
食事中にテレビを見ている子は、虫歯になりやすいとの事!!
テレビを見ながら食べる事で、咀嚼の回数が減り、味覚の変化にもつながるそう。

歯医者さんは、口を見ただけでテレビを見ているか分かるほどだとか・・・。

お口の健康のために、テレビを消して
美味しい料理と家族団らんを楽しみましょう(/・ω・)/

ブログ3

 

 

 

 

 

 

そして・・・スマホやパソコンの

「ブルーライト」

これ、よく耳にしますよね。

ブルーライトカットの眼鏡とか売っていたりしますね。

何とな~く目に良くないな。という知識はあるものの
何も対策はしていない方は多いかと思います。

ブルーライトは、太陽光線と一緒で
直接太陽を見ている状態と同じことだそうです。。。

若者の白内障や失明の増加や記憶力の低下、
小学校では、子どもたちが黒板の文字が見えず
ノートに書き写すことが年々遅くなっていることもあるのだとか。

目だけでなく、ゲーム依存も怖いもの。

WHOでは、「ゲーム障害」との病名で危険性をうたっています。
自分はそんなに触ってないよ!と考えている人も要注意!!!

1日30分ずつでも依存症になっているのだそう。

脳の萎縮、損傷につながり、薬物依存と一緒・・・。

自分の状況が分かっていない人が多いのもこの「ゲーム障害」。
お、おそろしいですね・・・。

 

なので、毎日するのはやめて週に3日は脳を休め
やるならMAX 1日2時間 と決めてやりましょう!!!とおっしゃいました。

 

自分はもちろんの事、
子どもたちやご家族、大切な方々の健康を守るため
気をつけていきたいものです。

 

是石先生、為になるお話ありがとうございました(*^▽^*)

大人気の「家庭教育学級講座」開講しました!!

家事や育児、お仕事などで忙しく自分の時間が持てない人にこそ
オススメしたい、この「家庭教育学級講座」!!

託児付きの講座になっているため
小さなお子様がいらっしゃる方にも安心して受講いただけます。

今年は、よりたくさんの人に聴いてもらいたいと思い
時間に都合を付けることが出来るように
前期コース・後期コース・年間コースの3コースを設けました。

 

今年度も定員を上回る人数の受講生となっております。

全講座、みなさんに楽しんでもらえるような内容ですので
お休みのないよう出席していただけると嬉しいです(^^)/

 

さて、5月23日に開講した当講座。
第一回目の講座は

ブログ1NPO法人ファザーリング・ジャパン九州
副代表理事の内木場豊氏をお迎えし
「父親と子育てとおこづかい」の演題で
お話いただきました。

講師は、
現在3児の父親として奮闘中の「イクメンパパ」。

 

 

いつもは、お父さん向けに講座を開かれているそう。

時代と共に、あるべき父親像が変わったため
残念な「夫・父」にならないためにも
そして、育児に参加してもらう男性を増やすべく
ファザーリング・ジャパンで活動されているそうです。

 

2010年の”イクメンブーム”から9年が経過し
男性の育休取得率は2%→5%に若干上がったとの事。

でも、上がったとはいえ、まだ5%です。
しかも、その大半がわずか1週間の休暇をとるだけ・・・。

お話を聴いていると
まだまだ、夫婦で協力して子育てする環境が整っていないような感じがします。

 

ご自分の体験談を踏まえながらの講義に
頷きながら聴いている受講生の姿も見られました。

 

ブログ3

そして…
「男性は出来の悪い部下だと思え!」

先生はそうおっしゃいます。

男性は日常的な事を、行動ととらえていないため
具体的な指示出しが必要なのだとか・・・。

確かに
「ゴミ出し」と一言で言っても
ゴミを集め、分別し、袋に入れ、ゴミステーションに運ぶ。
何段階も行わないと「ゴミ出し」は出来ませんよね。

行動を指示すれば男性はスムーズに出来るのだそうです。

 

男性目線、女性目線での家事育児の考え方が異なる事など
データなども含め学んだ事で、
パートナーに対しての接し方を改めて考えるきっかけに
なったように感じました。

内木場先生、ありがとうございました(/・ω・)/

本格お味噌を作って講座終了!!

ブログ1-resize

11月1日の第8回家庭教育学級講座。

 

水巻町の小、中学校の給食にも配給されている
創業102年目 和田味噌店の
和田優子さんを講師としてお招きし
安心・安全の手作り味噌作りを教えて頂きました。

 

 

3代目より、味噌作りのバトンを受け継ぎ、4代目「みそ嫁」として
みそつくりの講師活動を各地で行っていらっしゃいます。

店頭で発売中の「塩こうじ」「甘酒」は和田さんの手作りだそうです。

ブログ-resize

 

調理室に入ってきた受講生は、
用意されたタライを見て
「早く作りたい!」と
作る前からテンションが
高いように感じました。

 

 

まずは、麹と塩をタライに入れ混ぜ混ぜ…。

ブログ2-resizeブログ★-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、茹でた大豆を徹底的につぶします。
これでもか!というくらい、

みなさん潰す、潰す…。

必死というより、何かストレス発散?!しているように見えます。

勢い余って袋が破れ、中身が飛び出る受講生も見受けられました。

それも愛嬌です(^◇^)

ちなみに私も大豆潰しに参加しましたが、
もしかして…ストレスが溜まっていたのか?!
誰より先に細かく潰しておりました。

 

潰した大豆を麹と混ぜ合わせ、ちょうど良い大きさの団子にします。

ブログ5-resize

 

 

 

 

 

見た目が、巨大ミンチボールのように見え美味しそう…♪

団子ちゃんたちを容器の底に空気が入らないようにしっかりと
詰めていきます!!

ブログ6-resize

ブログ7-resize

 

 

 

 

 

 

 

力とコツが必要で難しい…。

表面をキレイにならして、周りを拭きとって、ラップで密封して
完成です!!!!!

自分専用のお味噌ちゃんの出来上がりです!

なかなかの力作業で、心地良い疲れ具合でした。

5月24日から全8回、ハプニングで日程変更があったりと
受講生にはご迷惑おかけしましたが
楽しく、仲良く、学ぶ事が出来ました(^^)/

 

平成最後の「家庭教育学級講座」が終了しました!

お疲れさまでしたッ!

 

来春も新しい元号に変わった「NEW 家庭教育学級講座」予定しております。

みなさんに満足して頂ける学習内容を予定しておりますので
またみなさんご参加くださいね★

ひまわり先生の染みわたるお話。

ブログ1
10月18日は、第7回目家庭教育学級講座

九州で大人気の心理カウンセラー
ひまわり先生こと米倉けいこ先生をお迎えし

「子どもたち生まれてきてくれてありがとう
~子どもの心に寄り添うための
”ひまわり先生”の心の子育て実践法~」

のお話を聴きました。

 

先生を取り囲んで、カウンセラー風景を再現しながらの講演に
頷きながら真剣に耳を傾ける受講生の姿が印象的!

全体写真 ブログ4

 

 

 

 

 

 

子どもの感情を受け取りましょう。
「悲しみ・恐れ・怒り・寂しさ・嫌な思い」は
受け入れる事で減っていくとの事。

「悲しみ・恐れ」を受け入れず押さえつけるとキレやすい子になるようです。
特に、男の子は「男なんだから泣かない」と言われ
感情を押さえつけられる事が多いため、男の子の方がキレやすくなるらしい…。

心当たりのあるかた…気をつけましょ!!!

 

嫌だ!と言われたら「嫌だよね。」と受け入れてあげて
そして、子どもの存在そのものを受け入れてあげてほしい。

          抱っこしてぎゅっ。

「大好き」と言って、スキンシップを取ってあげましょう。

 
ブログ3

そうは言ってもなかなか心にゆとりは出来ません。
イライラだってします。
そういう時は誰かに話してください。
話す事で気持ちが楽になります。
と水を入れたコップを例に、
空になったコップを見せながら
お話してくださいました。

 

最後に先生の優しい声で朗読をしてくださり、
子どもの存在はいかに大切な事かを考える内容となっており
涙なしでは聞けないくらい心に染みわたりました( ;∀;)

ブログ2 音読風景

 

 

 

 

 

子どもたち生まれてきてくれてありがとう。
心からそう思える時間となり、そして、自身の子育てを見直す
良い機会となりました。

米倉先生、素敵なお話をありがとうございました。

楽しい、楽しい福岡旅。

10月4日は待ちに待った社会見学!!!

第6回目の家庭教育学級講座では「福岡旅」と題し、
めんたい工場の「ハクハク」&ヒルトン福岡での「豪華ランチ」に
行ってきました(*^▽^*)

ぶろぐ1
まず初めに向かったのは
福岡市東区にある
「博」多の食と文化の「博」物館
「ハクハク」に行きました!

 

博多の文化の魅力を体感出来るミュージアムがある他、
めんたい工場の見学や、myめんたい作り体験もできる
大人も子どもも楽しめる場所です★

早速、ガイドさんにめんたい工場を案内して頂きました。

ぶろぐ2 ブログ

 

 

 

 

みんな夢中で見学中。
覗き穴があれば覗く子ども心は忘れません!!!

ぶろぐ4 ぶろぐ3

 

 

 

 

 

工場見学をしているとある事に気づきます。

箱詰めされている方々のエプロンの色が違う。と…。

実は、明太子の計量のスピードの速さで色が違うんだそうです。

 

ちなみに、スピード女王を見た後は
自分自身も「めんたいこ計量競争」をやってみましょう(笑)

ぶろぐ8 ぶろぐ9

 

 

 

 

いかに正確で速いか…
女王のスゴさがわかるハズです。

 

お土産を買ったら
インスタ映え間違えなし?!の記念写真をパシャリ☆

ぶろぐ11 ぶろぐ12

 

 

 

 

 

たくさんの買い物袋を下げ、大満足で「ハクハク」を後にしました。

 

受講生が買った、明太子エキスの唐揚げの香りが
バスの中を漂います。

 

沢山はしゃいだ、その後は…
お待ちかね、ヒルトン福岡の「豪華ヒルトンランチタイム」。

ぶろぐ16ぶろぐ15 ぶろぐ14

 

 

 

 

みなさんお上手に取り分けてきます。

そして…優雅な食事に、ついつい写真を撮りたくなるんです。

 

ぶろぐ13
日々、ご家族のために
忙しくしている受講生のみなさんに
非日常的な空間で
癒しの時間をくつろいでもらえたようで
スタッフとして嬉しく思います(*^▽^*)

 

休息チャージできた所で、明日から頑張りましょう!!!

 

とても楽しい社会見学「福岡旅」になりました。

来年も魅力満載の社会見学先を企画検討しておりますので
是非ご参加くださーい(^◇^)/

知っているようで知らない?!トイレのお話し

トイレの話…
なんだか恥ずかしいような。でも聞いてみたいような。
人には大きな声で聞けない悩みも多々ございます。

IMG_6697-resize

という事で
家庭教育学級のテーマの一つ、「健康」講座
「学びと体操、ときどきトイレ話」と題して
高山病院の理学療法士の熊丸真理先生と
入江涼子先生をお迎えしました。

 

筑紫野市の高山病院は、
数少ない女性医師による女性泌尿器科専門外来があります(^^)

まずは、排せつについてのお話…

成人の正常な排尿とはどのような基準か、みなさんご存じですか?
・1回のおしっこの量は牛乳瓶1本から2本分
・出る時間は20秒から30秒程度
・回数は昼間が5回から7回、夜間は0から1回程度
・間隔は3時間から5時間に1回
というのが成人の正常な排尿だそうです。

 

『過活動膀胱』にならないためには
尿意を感じてもすぐにトイレに行くのではなく、
ある程度我慢してためる事が大事なんだそうですよ!驚きです!!

膀胱炎にならないの?との疑問の声が上がりましたが、
あなたも子どもの頃によく言われた「我慢したら膀胱炎になるよ!」
というのは間違いで、膀胱炎になるのは、尿意を我慢したからではなく、
特に女性は尿道が短く細菌が入りやすいのが原因との事。

IMG_6703-resize
女性の4人に1人は『尿漏れ』の
経験があり、
また、POP(骨盤臓器脱)も
多産・会陰切開・便秘・肥満の方の
リスクが高いようです。

 

よく耳にする『過活動膀胱』『尿失禁』も、お薬や簡単な体操で治せるため
ご自分の身体の変化を見落とさず、もし不安な点があれば
早めに泌尿器科の受診をしてほしいそうです。
また、手術をしなければならない症状は少ないそうですよ。

IMG_6698-resize
高山病院の方のお話では、症状にもよりますが、
頻繁に通わなくてもよい例もあるそうなので、
筑紫野が遠いと思わず、
ぜひ一度きてみてくださいね。 との事でした。

 

IMG_6707-resize IMG_6717-resize

 

 

 

 

 

最後に治療法の一つ、『骨盤底筋体操』をみんなで実践!!
椅子に座ったままでも、横になった状態でも、簡単に出来る体操です。
簡単なのに以外に難しい( ;∀;)
テレビを見ながら、電車に乗っている時間など、ちょっとした隙間時間で
人目を気にせず出来るため、『ながら時間』で実践していきたいです★

しかし!
筋肉を鍛えるためには、最低1か月から3か月は続けないと効果が見られない
との事なので、地道に努力しようと思います…。

そして…秋にある社会見学では快適にバス旅行を楽しみたいですね!!!

ほめ方・叱り方をもう一度確認!

家庭教育学級講座の第二回目は
子育て中の方が一番悩むであろう「ほめ方・叱り方」をじっくりと考えます。

 

本日の講師は
北九州教育事務所 家庭教育支援チームの心理カウンセラーの
柴田陽子氏をお迎えし「ほめ方・叱り方が上手になるためには?
~子どもの気持ちを受け入れていますか~」との内容で講演して頂きました。

IMG_6428-resize「自分で考えて決めて行動する力を育む」には
どうしたい?どうする?と聞く姿勢が大事だそう。

『待つ・見守る・信じる』
『失敗してもOK』と
広い心で受け入れてあげてほしいとの事。

 

そして、たくさん褒める!!

 

そんな事いっても、親もいつでも広い心ではいられませんよね( ;∀;)

 

「大丈夫!怒ってもいいんです。」と柴田氏。

ただし、あなたのことが大好きだよと
”愛”を伝えておくことが大切なのだとか。

”愛”を伝える簡単な方法は ギューっ と抱きしめてあげること。

すぐにでも出来る実践法なので是非参考にさせていただきたいですね☆

 

そして子育て世代には一番耳が痛い「怒る」「叱る」の違い。

怒るとは…自分の都合で感情的に過去に焦点をあてる
叱るとは…相に伝わるように感情を抑えて未来を見据える

このような違いがあるそうです。

頭の中では分かっているんですが、なかなか難しいですよね。

IMG_6434-resize

怒ってしまうということは自分がいっぱいいっぱいの時。
ついイライラを声や態度に表してしまうそう。

怒ってしまったからダメ。というのではなく
怒りをぶつけることを日常的に続けることがダメなのだとか。

 

家族のために たまには自分に優しくしてあげることも必要ですね!

改めて考える良い機会になりました(^^♪

今年も人気の講座開講!

みなさん、お待たせしました(^^♪
毎年人気の講座「家庭教育学級講座」が5月24日に開講しました!

今年度も定員を大幅にオーバーし、45名の参加となりました。
ありがとうございます!!

 

まず第一回目の講座は
昨年度大人気だった北九州市立大学教授の森田洋氏の講演からスタート!

IMG_6311-resizeIMG_6310-resize

 

 

 

 

 

今年は
「良い微生物、悪い微生物、普通の微生物?! ~私たちの暮らしと微生物のかかわり~」との演題で、 主に腸内細菌のお話をしてくださいました。

 

IMG_6329-resize

 

腸内細菌群には「悪玉菌」と「善玉菌」
そして「常在菌」の3種類の菌が存在し、
いかに「悪玉菌」を減らすかが大事になるそうです。

減らす方法は…
①動物性脂肪を控える
②善玉菌を増やす
③善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取する
この3つの方法を行うと良いとの事。

 

その他にも乳酸菌の正しい摂り方や食中毒の正しい知識など
知っているようで知らない、目からうろことなる講演となりました(^^)/

 

ためになるお話はもちろんなんですが、先生の「話術」がすごいんです!

テンポ良く、そして笑いも忘れず…
時間を忘れてしまうほど楽しいお話に頷きながら真剣に聞く姿がみられました。

「また先生の話を聞きたい!」との声が多くみられ
スタッフとして、とても嬉しく感じました!!

 

そして…私自身も森田先生のファンになりました★

 

森田先生、ためになる楽しいお話しありがとうございました(^◇^)