子育てへの自信がつきました★

第8回目の家庭教育学級講座。

あっという間に、講座最終日となりました!!

最終日の講演は、子育て世代だけでなく、
地域の全ての方に聴いてもらいたい内容です。

ぶろぐ-resize

最終日にふさわしい講師として
幼児教育専門家 子育てアドバイザーの
熊丸みつ子先生をお迎えし
「うちの子最高!
~今、子どもたちに伝えたいこと~」の
テーマでご講演くださいました。

 

 

子育てはイライラばっかり。
優しい親でいようと心掛けても、ついつい怒っちゃう。

今日は優しくしようと思ったのに…と
我が子の寝顔を見ながら「ごめんね」と謝った人も多いでしょう。

私もその一人です。

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

でもそんな私たちに
「大人をイライラさせる子どもは素敵に成長しています。
大丈夫!順調よ☺」と熊丸先生の素敵な一言を頂きました!

 

子どもは、色んな事をして、やってはいけない事を学ぶのだそうです。

ぶろぐ2-resize手間暇かけて大切に育てられた子は
”自分を大切にする。”

また、泣いた回数の分だけ
”人を信じる事が出来る。”

そして
抱きしめられる量は決まっていて、
足りないと他の人に求めるのだそう。

 

「どの子も産まれた時は真っ白よ。」と先生。

 

子どもは大人の真似をして学んでいきます。

 

思春期の時期は
自分のやりたいこと・言いたいことの反対の事をしてしまう。

そんな子どもたちにも
きちんと向き合って満たしてあげてほしいと 先生はおっしゃいます。

 

ぶろぐ4-resize子どもは、愛情を”もらう”のが仕事。
大人は、愛情を”あげる”のが仕事。

また、子育てで大切な
「叱って・褒めて・伝える」の3原則。

相手を認めることが「褒める事」
やってはいけないことを伝えることが「叱る事」
叱る事は大事で、何度も何度も子どもに伝える。

 

ただ、どうしても親だけでは限界があり
子どもたちのガス抜き(抜け道)役として
周りの大人が子どもたちに関わることが必要とのこと。

地域での子育てが大事ですね。

子育てが一段落したら、地域の子どもにも目を向けていけたらいいな~。

ぶろぐ3-resize

 

 

 

 

 

 

先生の軽快なトークに「泣き・笑い・共感」させられました(/・ω・)/

自分らしい子育てを目指すために、
イライラしたら自分も子どもも順調!という合言葉を心に秘め
日々過ごそうと思います。
今日の講演を聴いて、子育てを頑張っていく活力が沸きました!!!

 

熊丸先生、ありがとうございました。

 

そして、今年受講いただきました皆様、お疲れ様でした~(^^)/
ありがとうございました!!!

痛みのない体つくりを目指しましょう!

10月3日に行った
第7回目の家庭教育学級講座は
毎日忙しく過ごし、そして、夏の疲れもくる
この時期にピッタリの「背骨コンディショニング」です。

ブログ2-resizeブログ1-resize

 

 

 

 

 

 

 

講師は背骨コンディショニングスペシャリストの
奈須本尚子さんを迎え
「一生痛みのない体をつくる背骨コンディショニング
~背中、肩、腰スッキリ体操~」をテーマに行いました。

ブログ3-resize

 

 

 

 

 

 

骨が歪むと神経が引っ張られて固くなり、痛みやしびれ、
筋肉のコリや内臓の機能障害にもつながるため、
自分の身体のゆがみを知り、改善していくことが大切です、と先生。

《背骨コンディショニングの3要素》
①ゆるめる…固くなった関節や神経をゆるめる
②矯正する…背骨を元の位置へ戻す
③筋肉向上…歪まないように筋力をつける

これを頭に入れて取り組みます。

ブログ5-resize

 

まずは歪みを確認すべく、
ペアになり天井を見上げます。
これで、おでこと床が平行になって
見上げることが出来ないと
歪んでいますよ…と声がかかります。

 

また、顔だけを左右に向けて肩から耳、頭のてっぺんが
床に垂直になっていないとダメだそう。。。

ペアで確認しながら、笑い声や不安げな声も聞こえてきます。

確認した後は、身体をほぐし、緩めながら
先生お勧めの5つの体操をじっくりと時間をかけて
行っていきます(^◇^)

テレビを見ながらでも、簡単に短時間で出来るそうで
「みなさん、毎日行わないと効果が出ませんよ~」と
笑顔でおっしゃいます。

飽きっぽい私には、ドキリとさせられましたが、
痛みを根本から治すためには、そして、予防するには
毎日の積み重ねが大事だと改めて感じさせられます。

そして、どこかに痛みを感じている人の多くは
仙骨が後ろに倒れているからだとか…。

「仙骨が後ろにズレるのは…お尻の筋力が弱いんです!!」との事。

以前、先生に初めてお会いした時に
「あなた、だいぶお尻を甘やかしているわね」と言われたことを
ふと思い出しました。(笑)

年齢を重ねると同時に、自分に甘く、お尻にも甘くなる私には、
何としてでも筋力をつけなければなりません!!

ブログ8-resize ブログ9-resize

 

 

 

 

 

 

一見、地味に見えますが、これが…辛い!!!

自分の足は後ろへ、逆に相方さんはその足を前に押し込む
という単純な作業の筋トレです。

また、四つん這いになり手幅を広げ、足も広げ、
顔は前に向けたまま、胸を床に落とすような筋トレ方法も
伝授くださいました(/・ω・)/

悲鳴や必死な顔の受講生が多く見られました。
「2,3日に1回は、自分を痛めて下さい!!
痛めることで、筋が切れ、その切れた部分が
さらに強く太くなって成長し、それを続けていくことで
プリっと、キュっと引き締まったお尻になり
結果、自分の身体の改善へと繋がっていきます」
と先生は声を大にしておっしゃいます。

 

みなさん全力で筋トレをやられていたので次の日は、
きっと筋肉痛に悩まされたことでしょう。

ブログ6-resize Inkedブログ10-resize_LI

 

 

 

 

最後は、頑張った筋肉君たちへのご褒美のストレッチタイム。

クールダウンをすることで、乳酸が溜まりにくくなるため
なるべくストレッチは行った方が良いですね。

 

さぁ、今日から頑張って来年度の講座には
痛みのないスッキリとした身体でいきましょ♪

 

奈須本先生、ありがとうございました!!!

今年は長旅、社会見学!

第6回目 家庭教育学級講座は、社会見学でした(^^)/

「満喫!好いとぉ、うきは。」というテーマで
①紅乙女酒造で工場見学
②ぶどうのたねで予約困難ランチ&散策
③明果園で梨狩り(買い)体験
④道の駅うきはでお買い物

以上4つの場所を巡りました♪

これに温泉がつけば、家族旅行が出来ちゃう勢いですね!!!

ぶろぐ-resize

今年度の参加者数は23人。

天気は・・・何だろう。
雨が降りかけましたが、
最終的に晴れました。

受講生の行きたいという熱い想いは
見事晴れを勝ち取ることに成功しました!

 

楽しみにしてました~と出発する前からニコニコ笑顔☺

しおりとおやつを持って、いざ出発です★

 

 

まず初めに、紅乙女酒造に向かいます。

みなさんもご存じ、豪華列車”ななつ星”。
その車内で提供されている、胡麻焼酎「紅乙女」の酒蔵見学を行います。

駐車場に着くと同時に、酒造のスタッフの方が置いて下さった「踏み台」。

 

よ~く見ると・・・カッパちゃん!!!

ぶろぐ10-resize ぶろぐ11-resize

 

 

 

 

かっ、かわいい!!!(笑)
何とも言えない手作り感がたまりません。

カッパちゃんの皿を踏み踏みしながら降りて、向かうは酒蔵。

ぶろぐ1-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

向かう最中にもカッパちゃん!!!
酒蔵まで足跡が続いています。

そぅいえば、途中の道沿いにあった田主丸駅がカッパの駅舎でしたっ(/・ω・)/

カッパ伝説が残る町にお邪魔したようです。(笑)
町のあちこちにカッパの像が置かれているそうですよ!(余談です)

ぶろぐ3-resize

 

な、なんと…
森の中にある
雰囲気の良い酒蔵。

早速…
中へ入りま~す♪

 

ぶろぐ4-resize ぶろぐ5-resize ぶろぐ7-resize

 

 

 

 

まず、出迎える「ラッパ飲みの河童さん」。
みなさん写真を撮りまくる、撮りまくる…。

蔵の中は、とても香りが良い!!!

そして、ステンドグラスがあったりと、心地良い空間です。

美味しいお酒にするためには、
クラシックの生演奏や歌声を聴かすのだそう。

自分の子どもよりも手がかかっております(笑)

ぶろぐ9 (1)-resize ぶろぐ9 (2)-resize

 

 

 

 

ぶろぐ12-resize

蔵見学の後は、ごま焼酎の試飲やお酢の試飲
ごまのソフトクリームを食べたりと
個人個人好きな時間を過ごしていました。

次は、うきは市で人気の
「ぶどうのたね」に向かいます!!!

 

 

ランチ会場の「Cafe’坂の下の店」で、予約困難ランチを頂きます。

ぶろぐ17-resize ぶろぐ18-resize

 

 

 

 

とても感じの良い、オシャレなお店です。

からだに優しい、見た目もほっこりな、美味しいランチを
いただきました(^◇^)

メインを2種類から選ぶことが出来、「肉」にしようか「魚」にしようか
各テーブルで迷う姿が見られました。

ぶろぐ14-resize ぶろぐ15-resize

 

 

 

 

デザートは、「ぶどうのたね」で人気の”豆たん”。
サクサクで、中のナッツが絶妙です!!!
甘いものが苦手な私も、ペロリと食べちゃいました☆

お野菜中心でしたが、満足度の高いランチタイムになりました。

ぶろぐ20-resize ぶろぐ19-resize

 

 

 

 

 

 

早めに食べ終わった受講生たちは、豆たんを購入するため
坂の上をあがり、「和菓子葡萄屋」にダッシュしていました。

みんな、しっかりとご家族へのお土産もGETです!

ちなみに、
博多リバレインモール1F(ぶどうのたね博多)にも売ってあるのだそう…。
私も今度買いに行ってみよう~♪

ここでは、ランチの他、ギャラリーとして雑貨なども沢山置いてあります。
いくつかの店舗では、ゆったりとした時間が流れていました。

 

さてさて、お腹も心も満たされた後は、待ちに待った「梨狩り体験」です!!!

ぶろぐ21-resize ぶろぐ22-resize

 

 

 

 

 

 

まずは、試食をいただきましたが…めちゃくちゃ果汁が出てきて美味しい★

社会見学の数日前に台風が来て、たくさん落ちてしまった梨の販売もあり
またまたご家族へのお土産をGETする姿が見られます。

農園には、袋をかぶった梨ちゃんたちが、いっぱ~い。

袋の上から慎重に大きさを探り(笑)、なるべく大きい物を選んでは
優しくもぎとります。

気付けば、かごに沢山入っているではありませんか!!!

楽しくて多めに入っちゃいましたが、家族の笑顔のためにお買い上げです☺

 

最後は、「道の駅うきは」で最終お土産探し。

IMG_9433 - コピー-resize

 

 

 

 

 

箱ごと果物を買う人もいれば、新鮮野菜を吟味している人。
また、のんびりクレープを買って食べる姿も見られました。

 

自然豊かなうきは市。
キレイなお水で育ったお米やお野菜、お酒の他、
寒暖差のある土地でのお茶や果物は最高でした★

ぶろぐ23 (1)-resize

 

 

 

 

 

上の写真は、荷物が重たいと言いながら公民館での解散の様子です。

 

ちょっと足を延ばして遠出した社会見学となりましたが、
大変ご満足いただけたようでした!!!

 

みなさん、お疲れさまでした~(/・ω・)/

更年期に対しての意識が変わりました!

第5回目の家庭教育学級講座は

福岡新水巻病院 産婦人科部長の中村 薫 氏をお迎えし
「更年期の基礎知識と対策法」という演題でご講演くださいました。

ぶろぐ3-resize

ぶろぐ-resize

 

 

 

 

 

更年期とは
閉経を迎える3~5年の間の不定愁訴群のことで、
「頭痛・めまい・耳鳴り・発汗・動悸・息切れ」など
20種以上の症状があるそうです。

ぶろぐ1-resize

①2カ月以上生理が開く
②ホットフラッシュ
(のぼせ+滝のような発汗)

その2つがあれば、
大体更年期の診断ポイントですが・・・

 
他の病気の疑いもあったりするため
更年期障害と診断するには他の疾患の可能性を否定されていないと
いけないのないのだそうです。

なるほど~。
自分だけの知識で判断は良くないですね(´・ω・`)

血液検査をすれば一発で分かるそうなので、やはり病院にお世話になりましょ!

 

治療法は
漢方療法とホルモン補充療法があり、
ホルモン補充治療は100%治りますと先生はおっしゃいます。

ふむふむ。頷きながらメモを取る受講生。

ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

市販の漢方でも、緩和出来るとのお話に受講生が食いつきました。

同じ症状でも人が違えば使用する漢方は異なるため
「自分の飲んでる漢方はどうですか?」
など質問が飛びます。

対談形式の講義と楽しい先生のトークに盛り上がります!

ぶろぐ4 -resize

 

 

 

 

 

いきいきとした先生の「健康の秘訣」は
本能のままに生きること!自分の勘が一番大事!だそうです。

”年を取ったら上り坂はない。いかに上手に下れるか。”

先生の言葉を胸に、自分の身体を大事にしていこうと思います!!

 

中村先生、ありがとうございました(^^)/

おとなのかかわりを見つめ直しましょう

第4回家庭教育学級講座は

「こどもにやさしいまちづくり」を実践すべく、
全国各地で日々活動されている
にじいろCAP代表理事の重永侑紀さんに
「子どもの視点でみる虐待・DV~おとなのかかわり~」
という演題でして頂きました。

ブログ3-resizeブログ-resize

 

 

 

 

 

 

 

最近、虐待やDVを受け、命を落とす子供達のニュースが多く見受けられます。

「子育てはイライラとの隣り合わせ。」
重永さんはそうおっしゃいます。

そして、 サザエさんを例に出し、分かりやすくお話しくださいました。

 

例えば、タラちゃんは、
自由気ままに外に一人で遊びに出かけています。

それは、安心して外で遊ぶ環境が整っているからだとか。

家ではもちろん、ご近所、地域ぐるみで
みんなで優しく見守っています。

また、サザエさんが家事を途中で投げ出しても
ひと悶着後は、美味しい温かい食卓が待っています。

誰かが必ず支えてくれているんです。

だから、のびのびして母も子も毎日元気にいれるのだそう。

 

確かに、サザエさんはいつも誰よりも元気に毎日過ごしていますね。

うらやましい限りです。。。

ブログ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

地域で子育てが出来た昔とは違い、ワンオペ育児が多い現代。

子育てしやすい環境をつくってあげるのも地域の役割。

 

悩みがあるかたには、口を挟まず話を聞いてあげるだけで
相手はリラックスし、ストレスを調節出来る様になるんだとか。

是非、周りに悩んでいる人がいれば
黙って話を聞いてあげて気持ちよく過ごすためのきっかけを
つくってあげられたらと思います。

 

ブログ1-resize

そして突然ですが、

さあ問題です。

「事故率が高いのは小1と小6のどちらでしょう」

正解は小1です。

 

 

「そりゃ、そうだよね。落ち着きがないからね。」

と思われる方も多いかと思います。

でも、落ち着きがないわけではなく、大人と認知が違うからなんだとか。
そして、幼いほど私たちが思っているより、視野がかなり狭いのだそう。

 

では、自分の手で望遠鏡みたいにして覗いてみてください。
真正面しか空間がなく、左右上下の端が見えませんよね?
それが、6歳の視野だとか。

「かなり狭いですよね。だから、目の前の事しか出来ないんです。
だから、子どもは迷子になりたくもないのに迷子になるんです。」
と重永さん。

ついつい
「なんで、出来ないの?なんで後ろをついてこないの?」と叱りたくなりますが、
この狭い視野だからこそ子どもは出来ないのです。

よく迷子になる我が子を不思議に思っていましたが、
これで納得です。反省です。

 

そして、脳の成長は30年かかるのだそう。

22年たつと脳がいるもの、いらないものを調節し、
25年たてば落ち着いた脳になり、
親のありがたさや、心から「ありがとう」と
言えたり思えたりするんだそうです。

であれば、私の脳はやっと成熟したんだなあ
なんて、ふと思ったりはしましたが。。。

子どもたちには経験や言葉、安心感など、たくさん体験をさせ
大人はその見本となるようにしていかなければならないと
改めて考える事が出来ました。

 

受講生も重永さんの言葉一つ一つに頷き、
メモを取っている姿も見受けられました。

「子どもを認め、共感し、褒める」

今日から少しずつですが、実践していきたいと思います(*^▽^*)

 

子どもの行動を考え、きちんと向き合うことの大切さを
深く考えさせられました。

重永先生、ありがとうございました。

日常使いしたくなる「がまぐち財布」

お待たせしました!!

ブログのUPが遅くなってしまいましたが、
家庭教育学級講座のお話ですヨ(^^)~★

 

第3回家庭教育学級講座は、がまぐち財布つくり。

アトリエスペアミント
がまぐち作家 あいとく えみ さんに
「はじめてさんにピッタリ!自分だけのがまぐち財布」をテーマに
優しく、丁寧に、そして楽し~く、教えて頂きました!

ブログ-resizeブログ6-resize

 

 

 

 

がまぐち財布の生地をたくさんご用意して頂き、
早いもの順で自分好みの柄を選びました。

ブログ4 (2)-resize ブログ4 (1)-resize

 

 

 

 

 

 

 

可愛い柄から渋めの柄まで様々。。。

たくさんありすぎて迷います。

ブログ3-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

表布と裏布を先生の指示通りに合わせて縫います。

みんなが縫った、縫い目が様々。。。

先生が、縫い目を合わせてくださいとお伝えするのに
細々縫う人もいれば、大雑把に縫う人も。

縫物が苦手な私としては、愛嬌があって、
それはそれでいいんです(*^▽^*)

 

黙々と、丁寧に、着々と進む作業。

そして底の部分を縫い終わり、”くるりんぱ”

 

するとあーら不思議。お財布部分ができあがっています。

ぶろぐ-resize

意外と大変。

でも
しっかり縫えていて嬉しい。

がんばった~!!!

 

 

 

あとは、口金(くちがね)を本体につけたら完成です★

ぶろぐ2-resizeブログ2-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ1-resize

1人1人柄が違ってかわいい~♪

みんながんばりました!!!

さあて、なに入れようか。

 

 

これを機会にがまぐち財布以外に興味をもって
いろんな作品をつくってもらえたら幸いです(*^▽^*)

 

ちなみに、がまぐちクマちゃんポーチも可愛くて
作りたいという受講生が多数おりました。

お家に帰って早速ぬいぬいしている事でしょう★

ぶろぐ1-resize ブログ7-resize

 

 

 

 

 

苦手な縫物でしたが、先生の楽しいトークに笑いっぱなしで
楽しい時間となりました。

あいとく先生、ありがとうございました(^◇^)

メディアのこと、みなさん考えていますか?

 

「メディア依存」

 

私には関係ないと思っていませんか?

実は・・・
赤ちゃんからご年配の方まで、全ての方に該当するワードなのです!

 

家庭教育学級講座の第二回目は
「心と身体を守るために  今知っておきたいメディアのこと」という演題で
子どもとメディア 是石 尚子 氏にご講演いただきました。

ブログ1

私自身、ケータイゲームは特にしてないし
子どもに言い聞かせられるためにしっかり聞いておこう! と考えていましたが、
講演後は「これって我が家の事やん?!」と愕然としました( ;∀;)

 

「テレビはいつも付けていませんか?
朝起きたら付けて、食事中も付いていませんか?」と問われ
半数の方が申し訳なさそうに手を上げられていました。

実は・・・
食事中にテレビを見ている子は、虫歯になりやすいとの事!!
テレビを見ながら食べる事で、咀嚼の回数が減り、味覚の変化にもつながるそう。

歯医者さんは、口を見ただけでテレビを見ているか分かるほどだとか・・・。

お口の健康のために、テレビを消して
美味しい料理と家族団らんを楽しみましょう(/・ω・)/

ブログ3

 

 

 

 

 

 

そして・・・スマホやパソコンの

「ブルーライト」

これ、よく耳にしますよね。

ブルーライトカットの眼鏡とか売っていたりしますね。

何とな~く目に良くないな。という知識はあるものの
何も対策はしていない方は多いかと思います。

ブルーライトは、太陽光線と一緒で
直接太陽を見ている状態と同じことだそうです。。。

若者の白内障や失明の増加や記憶力の低下、
小学校では、子どもたちが黒板の文字が見えず
ノートに書き写すことが年々遅くなっていることもあるのだとか。

目だけでなく、ゲーム依存も怖いもの。

WHOでは、「ゲーム障害」との病名で危険性をうたっています。
自分はそんなに触ってないよ!と考えている人も要注意!!!

1日30分ずつでも依存症になっているのだそう。

脳の萎縮、損傷につながり、薬物依存と一緒・・・。

自分の状況が分かっていない人が多いのもこの「ゲーム障害」。
お、おそろしいですね・・・。

 

なので、毎日するのはやめて週に3日は脳を休め
やるならMAX 1日2時間 と決めてやりましょう!!!とおっしゃいました。

 

自分はもちろんの事、
子どもたちやご家族、大切な方々の健康を守るため
気をつけていきたいものです。

 

是石先生、為になるお話ありがとうございました(*^▽^*)

大人気の「家庭教育学級講座」開講しました!!

家事や育児、お仕事などで忙しく自分の時間が持てない人にこそ
オススメしたい、この「家庭教育学級講座」!!

託児付きの講座になっているため
小さなお子様がいらっしゃる方にも安心して受講いただけます。

今年は、よりたくさんの人に聴いてもらいたいと思い
時間に都合を付けることが出来るように
前期コース・後期コース・年間コースの3コースを設けました。

 

今年度も定員を上回る人数の受講生となっております。

全講座、みなさんに楽しんでもらえるような内容ですので
お休みのないよう出席していただけると嬉しいです(^^)/

 

さて、5月23日に開講した当講座。
第一回目の講座は

ブログ1NPO法人ファザーリング・ジャパン九州
副代表理事の内木場豊氏をお迎えし
「父親と子育てとおこづかい」の演題で
お話いただきました。

講師は、
現在3児の父親として奮闘中の「イクメンパパ」。

 

 

いつもは、お父さん向けに講座を開かれているそう。

時代と共に、あるべき父親像が変わったため
残念な「夫・父」にならないためにも
そして、育児に参加してもらう男性を増やすべく
ファザーリング・ジャパンで活動されているそうです。

 

2010年の”イクメンブーム”から9年が経過し
男性の育休取得率は2%→5%に若干上がったとの事。

でも、上がったとはいえ、まだ5%です。
しかも、その大半がわずか1週間の休暇をとるだけ・・・。

お話を聴いていると
まだまだ、夫婦で協力して子育てする環境が整っていないような感じがします。

 

ご自分の体験談を踏まえながらの講義に
頷きながら聴いている受講生の姿も見られました。

 

ブログ3

そして…
「男性は出来の悪い部下だと思え!」

先生はそうおっしゃいます。

男性は日常的な事を、行動ととらえていないため
具体的な指示出しが必要なのだとか・・・。

確かに
「ゴミ出し」と一言で言っても
ゴミを集め、分別し、袋に入れ、ゴミステーションに運ぶ。
何段階も行わないと「ゴミ出し」は出来ませんよね。

行動を指示すれば男性はスムーズに出来るのだそうです。

 

男性目線、女性目線での家事育児の考え方が異なる事など
データなども含め学んだ事で、
パートナーに対しての接し方を改めて考えるきっかけに
なったように感じました。

内木場先生、ありがとうございました(/・ω・)/

本格お味噌を作って講座終了!!

ブログ1-resize

11月1日の第8回家庭教育学級講座。

 

水巻町の小、中学校の給食にも配給されている
創業102年目 和田味噌店の
和田優子さんを講師としてお招きし
安心・安全の手作り味噌作りを教えて頂きました。

 

 

3代目より、味噌作りのバトンを受け継ぎ、4代目「みそ嫁」として
みそつくりの講師活動を各地で行っていらっしゃいます。

店頭で発売中の「塩こうじ」「甘酒」は和田さんの手作りだそうです。

ブログ-resize

 

調理室に入ってきた受講生は、
用意されたタライを見て
「早く作りたい!」と
作る前からテンションが
高いように感じました。

 

 

まずは、麹と塩をタライに入れ混ぜ混ぜ…。

ブログ2-resizeブログ★-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、茹でた大豆を徹底的につぶします。
これでもか!というくらい、

みなさん潰す、潰す…。

必死というより、何かストレス発散?!しているように見えます。

勢い余って袋が破れ、中身が飛び出る受講生も見受けられました。

それも愛嬌です(^◇^)

ちなみに私も大豆潰しに参加しましたが、
もしかして…ストレスが溜まっていたのか?!
誰より先に細かく潰しておりました。

 

潰した大豆を麹と混ぜ合わせ、ちょうど良い大きさの団子にします。

ブログ5-resize

 

 

 

 

 

見た目が、巨大ミンチボールのように見え美味しそう…♪

団子ちゃんたちを容器の底に空気が入らないようにしっかりと
詰めていきます!!

ブログ6-resize

ブログ7-resize

 

 

 

 

 

 

 

力とコツが必要で難しい…。

表面をキレイにならして、周りを拭きとって、ラップで密封して
完成です!!!!!

自分専用のお味噌ちゃんの出来上がりです!

なかなかの力作業で、心地良い疲れ具合でした。

5月24日から全8回、ハプニングで日程変更があったりと
受講生にはご迷惑おかけしましたが
楽しく、仲良く、学ぶ事が出来ました(^^)/

 

平成最後の「家庭教育学級講座」が終了しました!

お疲れさまでしたッ!

 

来春も新しい元号に変わった「NEW 家庭教育学級講座」予定しております。

みなさんに満足して頂ける学習内容を予定しておりますので
またみなさんご参加くださいね★

ひまわり先生の染みわたるお話。

ブログ1
10月18日は、第7回目家庭教育学級講座

九州で大人気の心理カウンセラー
ひまわり先生こと米倉けいこ先生をお迎えし

「子どもたち生まれてきてくれてありがとう
~子どもの心に寄り添うための
”ひまわり先生”の心の子育て実践法~」

のお話を聴きました。

 

先生を取り囲んで、カウンセラー風景を再現しながらの講演に
頷きながら真剣に耳を傾ける受講生の姿が印象的!

全体写真 ブログ4

 

 

 

 

 

 

子どもの感情を受け取りましょう。
「悲しみ・恐れ・怒り・寂しさ・嫌な思い」は
受け入れる事で減っていくとの事。

「悲しみ・恐れ」を受け入れず押さえつけるとキレやすい子になるようです。
特に、男の子は「男なんだから泣かない」と言われ
感情を押さえつけられる事が多いため、男の子の方がキレやすくなるらしい…。

心当たりのあるかた…気をつけましょ!!!

 

嫌だ!と言われたら「嫌だよね。」と受け入れてあげて
そして、子どもの存在そのものを受け入れてあげてほしい。

          抱っこしてぎゅっ。

「大好き」と言って、スキンシップを取ってあげましょう。

 
ブログ3

そうは言ってもなかなか心にゆとりは出来ません。
イライラだってします。
そういう時は誰かに話してください。
話す事で気持ちが楽になります。
と水を入れたコップを例に、
空になったコップを見せながら
お話してくださいました。

 

最後に先生の優しい声で朗読をしてくださり、
子どもの存在はいかに大切な事かを考える内容となっており
涙なしでは聞けないくらい心に染みわたりました( ;∀;)

ブログ2 音読風景

 

 

 

 

 

子どもたち生まれてきてくれてありがとう。
心からそう思える時間となり、そして、自身の子育てを見直す
良い機会となりました。

米倉先生、素敵なお話をありがとうございました。