第8回世代間交流発表会が開催されました。

人権は英語で言うとHuman rightsというらしい。私は、この言葉を聞くと、以前小さな女の子に教えてもらった「友だちや家族との別れ際にするジェスチャー」を思い出します。二人の指でハートを作る。ピースサインの指を合わせる。手のひらを合わせる。お互いの手のひらをぎゅっと握る「Love(愛) /Peace(平和)/Unite(絆) /Respect(尊敬)」という意味です。

12月の人権週間に中央公民館で世代間交流発表会が行われました。

おじいちゃんはいつも何に興味があるのだろう…お母さんの悩みはなに。中高生の子どもたちが感じていることは… いろんな人のいろんな声を発表する場所。日頃知ることのできない、自分とは違う世代の「想い」をいっしょに感じる場所です。

今回は、

小学生による「ひまわりの種を植えた体験」

中学生からは「おばあちゃんの荷物を持ってあげた経験を通して、自分の地区のシニアパワーについて感じたこと」「いじめについて考えたこと」

母親の世代のかたからは「母親でいること。NICUで働きながら感じたこと」「オランダのホストファミリー体験を通して感じたこと」

働く男性の世代からは「野球チームの指導を通じて得たもの、伝えたいもの」

シニアの世代からは「テニスからもらった活力、体を動かすことの素晴らしさ」

の発表がありました。

 resize4259