百人一首~歌人が伝えたかった心の風景~

古くから伝わる、日本ならではの美しい言葉。

平安時代のゆったりとした情景が想い浮かびます。

 

「百人一首」コースの講師

ぶろぐ1-resize

 

和歌文学研究科 歌人

島田裕子さん

 

 

ぶろぐ-resize

 

 

アシスタント

廣中光子さん

 

 

 

10月15日より始まった講座は、百人一首の成り立ちから学びました!

学生時代に学んだ方、カルタ取り遊びなどで身近に触れたことのある

知識の豊富な受講生が多く見られました。

ぶろぐ1-resize◆百人一首…100首

◆百人秀歌…101首

では、どちらが先に作られたのか?

この先生の問いに、意見が飛び交います。

さてさて、正解は…

「様々な説があり、正解はありません。これからも議論を続ける」との事。

それだけ、奥深く魅力のある和歌の世界。

だからこそ多くの方に、長年魅了され続けているのでしょうね(*^▽^*)

耳慣れたそれぞれの歌の意味の深さに、関心を持って聞く姿が見られました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

風流(みやび)アイドルの小野小町と在原業平の歌をはじめ、

平兼盛と壬生忠見との命を賭けた歌合、西行法師の人生を詠む歌など

認知度の高い歌人の心情を読みとり、なぜこの歌が好まれたのか考えます。

 

その中でも、恋の歌は大好評!

甘酸っぱい初恋や青春時代を思い出し、盛り上がりました!!!

平安時代の女性は

「百人一首」「琴」「書」の3つが必須。

いかに素敵な歌を作れるか、それが女性の魅力に繋がるのだそうです。

 

現代のように簡単にメールで思いを伝えるのではなく、

風景をイメージし、情熱的でロマンチックな言葉で

和歌を送ってもらえる昔の女性を、うらやましく感じてしまいます(^-^;

美しい言葉はどの時代にもなくてはならないものですね。

 

また、奈良時代の貴族を再現したレプリカの衣装。

ぶろぐ3-resize ぶろぐ2-resize

 

 

 

 

 

左が男性、右が女性。

男性の衣装の「紫色」は、位の一番高い方が身に付ける事の

出来る色だったそうです。

紫草で染めるため、染液を作るのが大変…。

また、貴族のお姫様が着ていた衣装は

農園の管理をするため、走ったり、馬にも乗れるような

動きやすいデザインなのだとか。

色鮮やかで機能性も備えた衣装を手に取ったり、着付けの方法を聞き

衣装を羽織るなど、穏やかな時間を過ごしました。

 

衣装をはじめ、普段目にすることのない和歌の本など、

なかなか手に取って見る機会もないため、大変有意義な講座となりました。

 

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

そして、受講生より

「作者の心情を理解し、序詞から情緒を読み取れるようになった」

「何度も聞きたい内容だったので、また百人一首講座があれば参加したい」

などの声も聞く事が出来、スタッフとして大変嬉しく思いました!!