子育てへの自信がつきました★

第8回目の家庭教育学級講座。

あっという間に、講座最終日となりました!!

最終日の講演は、子育て世代だけでなく、
地域の全ての方に聴いてもらいたい内容です。

ぶろぐ-resize

最終日にふさわしい講師として
幼児教育専門家 子育てアドバイザーの
熊丸みつ子先生をお迎えし
「うちの子最高!
~今、子どもたちに伝えたいこと~」の
テーマでご講演くださいました。

 

 

子育てはイライラばっかり。
優しい親でいようと心掛けても、ついつい怒っちゃう。

今日は優しくしようと思ったのに…と
我が子の寝顔を見ながら「ごめんね」と謝った人も多いでしょう。

私もその一人です。

ぶろぐ1-resize

 

 

 

 

 

 

でもそんな私たちに
「大人をイライラさせる子どもは素敵に成長しています。
大丈夫!順調よ☺」と熊丸先生の素敵な一言を頂きました!

 

子どもは、色んな事をして、やってはいけない事を学ぶのだそうです。

ぶろぐ2-resize手間暇かけて大切に育てられた子は
”自分を大切にする。”

また、泣いた回数の分だけ
”人を信じる事が出来る。”

そして
抱きしめられる量は決まっていて、
足りないと他の人に求めるのだそう。

 

「どの子も産まれた時は真っ白よ。」と先生。

 

子どもは大人の真似をして学んでいきます。

 

思春期の時期は
自分のやりたいこと・言いたいことの反対の事をしてしまう。

そんな子どもたちにも
きちんと向き合って満たしてあげてほしいと 先生はおっしゃいます。

 

ぶろぐ4-resize子どもは、愛情を”もらう”のが仕事。
大人は、愛情を”あげる”のが仕事。

また、子育てで大切な
「叱って・褒めて・伝える」の3原則。

相手を認めることが「褒める事」
やってはいけないことを伝えることが「叱る事」
叱る事は大事で、何度も何度も子どもに伝える。

 

ただ、どうしても親だけでは限界があり
子どもたちのガス抜き(抜け道)役として
周りの大人が子どもたちに関わることが必要とのこと。

地域での子育てが大事ですね。

子育てが一段落したら、地域の子どもにも目を向けていけたらいいな~。

ぶろぐ3-resize

 

 

 

 

 

 

先生の軽快なトークに「泣き・笑い・共感」させられました(/・ω・)/

自分らしい子育てを目指すために、
イライラしたら自分も子どもも順調!という合言葉を心に秘め
日々過ごそうと思います。
今日の講演を聴いて、子育てを頑張っていく活力が沸きました!!!

 

熊丸先生、ありがとうございました。

 

そして、今年受講いただきました皆様、お疲れ様でした~(^^)/
ありがとうございました!!!