ひまわり先生の染みわたるお話。

ブログ1
10月18日は、第7回目家庭教育学級講座

九州で大人気の心理カウンセラー
ひまわり先生こと米倉けいこ先生をお迎えし

「子どもたち生まれてきてくれてありがとう
~子どもの心に寄り添うための
”ひまわり先生”の心の子育て実践法~」

のお話を聴きました。

 

先生を取り囲んで、カウンセラー風景を再現しながらの講演に
頷きながら真剣に耳を傾ける受講生の姿が印象的!

全体写真 ブログ4

 

 

 

 

 

 

子どもの感情を受け取りましょう。
「悲しみ・恐れ・怒り・寂しさ・嫌な思い」は
受け入れる事で減っていくとの事。

「悲しみ・恐れ」を受け入れず押さえつけるとキレやすい子になるようです。
特に、男の子は「男なんだから泣かない」と言われ
感情を押さえつけられる事が多いため、男の子の方がキレやすくなるらしい…。

心当たりのあるかた…気をつけましょ!!!

 

嫌だ!と言われたら「嫌だよね。」と受け入れてあげて
そして、子どもの存在そのものを受け入れてあげてほしい。

          抱っこしてぎゅっ。

「大好き」と言って、スキンシップを取ってあげましょう。

 
ブログ3

そうは言ってもなかなか心にゆとりは出来ません。
イライラだってします。
そういう時は誰かに話してください。
話す事で気持ちが楽になります。
と水を入れたコップを例に、
空になったコップを見せながら
お話してくださいました。

 

最後に先生の優しい声で朗読をしてくださり、
子どもの存在はいかに大切な事かを考える内容となっており
涙なしでは聞けないくらい心に染みわたりました( ;∀;)

ブログ2 音読風景

 

 

 

 

 

子どもたち生まれてきてくれてありがとう。
心からそう思える時間となり、そして、自身の子育てを見直す
良い機会となりました。

米倉先生、素敵なお話をありがとうございました。