家庭教育学級第5回「睡眠はからだとこころのバロメーター」

「睡眠」にはたくさんの役割があります。

resize0097①脳・身体の休養、疲労回復

②脳の加熱を防ぐための体温下降

③エネルギーの保存

④身体の成長

⑤免疫機能増加

⑥記憶の固定

私たちが眠っている間もからだはしっかりと働いてくれているんですね!

特に質の良い睡眠を摂ると、成長ホルモンがたくさん分泌され脳の発達を促してくれるそうです。また、新陳代謝を促すのでダイエットにも効果があるとか…!

お招きしたのは

『久留米大学医学部 神経精神医学講座 教授 内村 直尚 氏』

睡眠や生活のリズムが心や脳に大きく影響していることを解りやすくご説明いただきました。

resize0080幼少期の睡眠不足や生活のリズムの乱れは大人になって不安や抑うつ、攻撃的、学力の低下などとして現れることも…。

テレビやゲーム、スマートフォンの使用など、現代人は身体よりも脳を使うことが圧倒的に多く、脳の疲れは6割が視覚からだそうですよ~!

 

定刻に朝陽を浴びて目覚めること。

早起き、早寝をすること。

昼食後の20-30分お昼寝すること。

睡眠=脳の休息=心の休息

さあ、今日から実践です!!