「H30 ろうけつ草木講座」大満足で終了!

 

4月25日より開講した「ろうけつ草木染め講座」。

IMG_7206-resize

講師は
ろうけつ草木染め作家の曽根富久恵先生。

一般社団法人 太平洋美術会会員・理事や
太平洋西日本支部・支部長など
ろうけつ草木染めの普及に日々ご尽力され、
第一線でご活躍されていらっしゃいます。

 

 

まずは「初級コース」

初めは、ろうを入れることに苦戦している受講生がちらほら。

IMG_6296-resizeIMG_6742-resize

 

 

 

 

子どもの描いた顔や子どもの手形、水巻町のキャラクター「みずまろ」を描いた作品もあり 個性豊かな作品が並びました♪

IMG_6374-resizeIMG_6668-resizeIMG_6669-resize

 

 

 

 

「初級コース」では、ろうけつ草木染めの魅力、そして基礎を学べます。

染料・媒染剤を変える事で様々な色になります。

また、同じ色で染めても、濃い色・薄い色になったり…。
「科学の実験みたい!」と受講生の驚く様子が伺えました。

 
6月27日より「中級コース」が開講しました。
中級コースでは、1色だけでなく多色に染めることができるのです。

今年は作品の内容を変えたりと昨年よりもグレードUP(^^)/

IMG_6867-resizeIMG_7146-resize

 

 

 

 

まずは、額縁作品にチャレンジ!!!
ちょっとしたお部屋の飾りにできます☆

ハンカチは多色染めに挑戦!!
一枚のハンカチを色を重ねて仕上げます。

煮初めは思い思いの品物を染めました。
バッグやスカーフなど、実用性に優れており皆さんの愛用品になるハズ?!

IMG_7113-resizeIMG_7272-resize

 

 

 

 

 

 

これらの作品は11月2日(金)~4日(日)までの3日間
水巻町中央公民館の文化祭にて展示しております!!!

講師の貴重な作品展示もございますのでぜひお越しください(^_-)-☆

「ふれあい講座」始まりました!

みんさん、こんにちは。

気持のよい朝を迎えられる季節になりましたね~!

人気の「ふれあい講座」

今年度は南部公民館から中央公民館に場所を移しての開講です。

総勢83名のみなさんにお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

厳正なる抽選を行い、幸運な受講生のみなさんが決定しました(^^)

IMG_7289-resize魅力たっぷりの3コース…

どのコースにするか迷われた方も多いのでは⁈

いちばん倍率の高かったのは

「スマートフォン」コースでした。

昨年の「パソコン」コース同様、

ニーズの高いジャンルですね(^^;

 

【第1回目】9月4日(火)  3コース合同 講演会

九州共立大学 経済学部 准教授 森江 由美子さんをお迎えし

相続や詐欺などの犯罪被害あわないための基礎知識を教えていただきました。

IMG_7298-resizeIMG_7346-resize

「うちの場合はこうですが…」とお話してアドバイスをいただきたい

衝動にかられましたがそれはまた別の機会に…(^^;

中級編を望むお声も多数いただきました。

 

次回、10月2日(火)からはコース別学習に入ります。

30代から80代の受講生がキラキラ輝く講座風景など

随時アップしていきますのでみなさんお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

8月4日当日 つくる あそぶ かんがえる 

みなさんこんにちは。
8月4日(土)講座倶楽部イベント こども向けワークショップ
「つくる あそぶ かんがえる」では、たくさんの方に来ていただき、
ありがとうございました。

いかがだったでしょうか?
当日は、こどもたちのモノづくりをしている真剣な顔や笑顔を
見ることが出来て、うれしかったです。

(当日の風景)

スイーツデコ             アイシング
《スイーツデコフォトフレーム》        《アイシングクッキー》
かわいいパーツがたくさん。       食べるのがもったいないぐらい、
女の子に大人気のブースでした。     かわいいクッキーができてました。      

写真1-resize      スライム
《ぺたぺたスタンプ》               《スライム》
手さげ袋にぺたぺたとスタンプ。   パプリカ等から抽出した色素を使用。
かわいい手さげ袋ができていました。  めずらしいスライム作りでした。

 

勾玉            シューティング
《勾玉》                 《シューティンゲーム》
自分で磨いて作った勾玉。         水巻南中の生徒が運営。
さっそく首につけていました。     こどもは一生懸命的を狙ってました。

虫よけスプレー             バスボム
《虫よけスプレー》               《バスボム》
体にやさしい材料でできた虫よけスプレーとバスボム。
男の子も女の子も笑顔があふれているブースでした。

遊楽書     環境係
《遊楽書》             《プラパン作り・環境講座》
なんて書いてもらおう?      リサイクル素材で作るプラパン。
悩んでいるこどもの顔が      環境講座も真剣に聞いていました。
かわいかったです。

まろ2
《みずまろからのSOS》
みんなのおかげでみずまろを助けることが
できました。みんな ありがとう。
保護者とこどもが一緒に悩んでいる姿が
印象的でした。

 

当日写真-resize
《全体像》

このイベントは、「講座倶楽部」という公民館講座の一つの企画として実施しました。
以前のブログでも紹介しましたが、今年は「こども」をテーマとして、
こども向けのワークショップを開催してみようということになり、実施してくれる方を募集しました。

正直いいまして、集まってくれるのか不安でした。
しかし、子供に喜んでもらおう!!という名の元に、集まってくれた人達がいます。
この方々たちです!!
スタッフ一覧
■庄野 忍さん   (バスボム)(虫よけスプレー)
 体に優しい材料に重点を置き、モノづくりの大切さを教えています。
 水巻駅前のみずまきSPACEでも活躍中。
■上野 直子さん  (スイーツデコフォトフレーム)
 手作りパーツのクオリティーの高さは職人技でした。
 クロワッサンパーツは本当に驚かされました。
■垣内 美由紀さん (スライム)
 野菜ソムリエとして活躍し、今回は天然素材から抽出した
 色素を使用しためずらしいモノづくりを展開していただきました。
■小松 真澄さん  (アイシングクッキー)
 ネイル、楽パンなど引き出しが豊富で、いろいろなものに対して
 積極的に取り組んでいる姿が印象的でした。
■志和 毅さん   (勾玉)
 歴史の知識や面白さを大人からこどもに伝える伝道師
 地元でも歴史講座を開催中です。
■吉原 由恵さん  (ぺたぺたスタンプ)
 すでに今回のぺたぺたスタンプは大人向けでの開催希望が届いているとのこと。
 水巻駅前のみずまきSPACEでも活躍中。
■三ヶ尻 里奈さん (遊楽書 )
 リクエストされた絵や文字を即興で書き上げる書の達人
 初めてのブース挑戦でしたが、多くのこどもでにぎわっている中、
 書を書き上げる集中力はお見事でした。

忙しい中、何度も打ち合わせに来ていただき、当日も、受付や子供の誘導、
ワークショップ、片付け など大車輪の活躍でした(^^)/
みなさん、とても引き出しの多い方です。
講師をお探しの方やブース出店者をお探しの方。
ぜひ 依頼してみてはいかがでしょうか?(^◇^)
みなさんの今後の活躍を期待いたします♪♪

また、写真には写っていませんが、
「水巻南中学校ボランティア部のみなさん」・・・みずまろからのSOS門作成
                    シューティングゲームブース担当
「折尾高校のみなさん」 ・・・会場設営
「国際交流協会のみなさん」・・・かき氷ブース担当
「各イベントブースでお手伝いに来られていた親族のかたや学生さん」
「みずまろからのSOSのスタッフをしてくれた別部署の職員」
「環境ブースでの3R達人や県、町環境係のみなさん」
多くの方のご協力で、当日は大盛況で終わることが出来ました。
ありがとうございました。

今後の公民館イベントの参考とするために実施しましたアンケートで
たくさんの声をいただきました。
アンケート

●親子で楽しめました
●来年も再来年もやってください
●つくるのが楽しかった  などなど。

今年は酷暑で、野外でのイベントが中止となるケースも耳にしましたが、
子供は元気!!
今回行った公民館という施設内全体を使ったイベント。
新しい可能性を感じました。

「また開催してもらいたい」というありがたい言葉もたくさんいただいたので、
今回の反省を踏まえつつ、パワーアップして戻ってきたいと思います。ではまた(^_-)-☆

 

知っているようで知らない?!トイレのお話し

トイレの話…
なんだか恥ずかしいような。でも聞いてみたいような。
人には大きな声で聞けない悩みも多々ございます。

IMG_6697-resize

という事で
家庭教育学級のテーマの一つ、「健康」講座
「学びと体操、ときどきトイレ話」と題して
高山病院の理学療法士の熊丸真理先生と
入江涼子先生をお迎えしました。

 

筑紫野市の高山病院は、
数少ない女性医師による女性泌尿器科専門外来があります(^^)

まずは、排せつについてのお話…

成人の正常な排尿とはどのような基準か、みなさんご存じですか?
・1回のおしっこの量は牛乳瓶1本から2本分
・出る時間は20秒から30秒程度
・回数は昼間が5回から7回、夜間は0から1回程度
・間隔は3時間から5時間に1回
というのが成人の正常な排尿だそうです。

 

『過活動膀胱』にならないためには
尿意を感じてもすぐにトイレに行くのではなく、
ある程度我慢してためる事が大事なんだそうですよ!驚きです!!

膀胱炎にならないの?との疑問の声が上がりましたが、
あなたも子どもの頃によく言われた「我慢したら膀胱炎になるよ!」
というのは間違いで、膀胱炎になるのは、尿意を我慢したからではなく、
特に女性は尿道が短く細菌が入りやすいのが原因との事。

IMG_6703-resize
女性の4人に1人は『尿漏れ』の
経験があり、
また、POP(骨盤臓器脱)も
多産・会陰切開・便秘・肥満の方の
リスクが高いようです。

 

よく耳にする『過活動膀胱』『尿失禁』も、お薬や簡単な体操で治せるため
ご自分の身体の変化を見落とさず、もし不安な点があれば
早めに泌尿器科の受診をしてほしいそうです。
また、手術をしなければならない症状は少ないそうですよ。

IMG_6698-resize
高山病院の方のお話では、症状にもよりますが、
頻繁に通わなくてもよい例もあるそうなので、
筑紫野が遠いと思わず、
ぜひ一度きてみてくださいね。 との事でした。

 

IMG_6707-resize IMG_6717-resize

 

 

 

 

 

最後に治療法の一つ、『骨盤底筋体操』をみんなで実践!!
椅子に座ったままでも、横になった状態でも、簡単に出来る体操です。
簡単なのに以外に難しい( ;∀;)
テレビを見ながら、電車に乗っている時間など、ちょっとした隙間時間で
人目を気にせず出来るため、『ながら時間』で実践していきたいです★

しかし!
筋肉を鍛えるためには、最低1か月から3か月は続けないと効果が見られない
との事なので、地道に努力しようと思います…。

そして…秋にある社会見学では快適にバス旅行を楽しみたいですね!!!

9月4日スタート「ふれあい講座」受講生募集!

残暑お見舞い申し上げます。

台風、大雨、酷暑、などなど厳しい夏が続いています。

冷房の効いた屋内や汗が流れる屋外を行き来して

体温調節が利かない身体になっていませんか?

さあ、そんな残暑を吹き飛ばす楽しい講座がスタートしますよ~!

本年度は次の3つのコースからお選びいただけます。

[コース1]  うま味の不思議

「匂い」や「うま味」「栄養価」など、食材の持つ変化のメカニズムを学びます。実習では古代から伝わる調味料「ひしお」や人気の「燻製」、おからと豆乳でつくる味噌づくりなど盛りだくさんの内容で、とにかくお得なコースです!

講師:三宅 正起さん(九州女子大学教授) なりまつ りえさん(福岡・北九州発酵倶楽部主宰)

[コース2] なにがどう便利なの?スマートフォン

便利なアイテムなはずなのに使い方が分からない!基本操作を覚えられない!など使いこなせていないシニア世代のための内容です。Android(アンドロイド)スマートフォンの内容になります。

講師:里村 歩さん(エム・ティー・シー株式会社)

[コース3] 脳がきらめく・心ときめく・体よろこぶ!シナプソロジーぷらす!

昨年大好評のプログラムがさらにパワーアップします。音楽体操、リンパマッサージ、ゲームなど多彩なプログラムで楽しく脳を活性化しましょう!

講師:シナプソロジー普及会認定講師のみなさん

さらに、どのコースを選んでも「日々の暮らしに役立つ法律講座」(初回9/4)に参加できます。

身近に起きているトラブルの対策方法や解決に役立つヒントを

九州共立大学准教授 森江 由美子さんから学べますよ~!

申込方法や参加費など詳細はホームページをまたはチラシをご覧ください。

みなさんのご応募、お待ちしております。

https://www.town.mizumaki.lg.jp/learn/lifelong/lflg06/2018fureai.html

<昨年度の講座風景>

IMG_3890-resizeIMG_4118-resizeIMG_3962-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほめ方・叱り方をもう一度確認!

家庭教育学級講座の第二回目は
子育て中の方が一番悩むであろう「ほめ方・叱り方」をじっくりと考えます。

 

本日の講師は
北九州教育事務所 家庭教育支援チームの心理カウンセラーの
柴田陽子氏をお迎えし「ほめ方・叱り方が上手になるためには?
~子どもの気持ちを受け入れていますか~」との内容で講演して頂きました。

IMG_6428-resize「自分で考えて決めて行動する力を育む」には
どうしたい?どうする?と聞く姿勢が大事だそう。

『待つ・見守る・信じる』
『失敗してもOK』と
広い心で受け入れてあげてほしいとの事。

 

そして、たくさん褒める!!

 

そんな事いっても、親もいつでも広い心ではいられませんよね( ;∀;)

 

「大丈夫!怒ってもいいんです。」と柴田氏。

ただし、あなたのことが大好きだよと
”愛”を伝えておくことが大切なのだとか。

”愛”を伝える簡単な方法は ギューっ と抱きしめてあげること。

すぐにでも出来る実践法なので是非参考にさせていただきたいですね☆

 

そして子育て世代には一番耳が痛い「怒る」「叱る」の違い。

怒るとは…自分の都合で感情的に過去に焦点をあてる
叱るとは…相に伝わるように感情を抑えて未来を見据える

このような違いがあるそうです。

頭の中では分かっているんですが、なかなか難しいですよね。

IMG_6434-resize

怒ってしまうということは自分がいっぱいいっぱいの時。
ついイライラを声や態度に表してしまうそう。

怒ってしまったからダメ。というのではなく
怒りをぶつけることを日常的に続けることがダメなのだとか。

 

家族のために たまには自分に優しくしてあげることも必要ですね!

改めて考える良い機会になりました(^^♪

謎解きの時間「みずまろからのSOS」 ファイナルステージ解説

では、いよいよファイナルステージの解説です。
多くのお友達がここで悔しい思いをしたんではないでしょうか?

ファイナルステージでは、こんなシートをもらえました。
ファイナル

まずは、7つの〇の謎を解く必要がありました。
では、どうしたらよかったのか・・・

司会が、ある事をいっていました。
「謎を解いていくと、いろいろな紙をもらえると思います。
最後に使うかもしれないので、無くさないようにしてください」

そうです。このファイナルステージの謎は、この謎解きでもらった
紙全てを使う必要がありました。全ての紙を広げ、同じ形や
マークに重ねることで、緑の〇の中に言葉が浮かんでくるように
なっていました。
全てを重ねると・・・・・・
ファイナル 後

「このかみてらせ」の文字が浮かんでくるんです。
この言葉を謎のトンネルの門番に伝えると、謎のトンネルをもう一度
通してもらえ、その先の「暗い部屋」で、紙を照らしてもらえました。

すると、サイゴノアイコトバが浮かんできたんです。
このサイゴノアイコトバは、9:30からの謎と、11:00からの
謎で言葉を変えていました。
「 ひらけにんにく 」
「 たすけにきたっちゃろ 」

これがサイゴノアイコトバでした。
見事すべての謎を解いたお友達 さすがでした。
みんなが、黄色いせんす(第3ステージで作った)
を作ってくれたので、みずまろを無事助けることができました。

これにて、謎解きの時間「みずまろからのSOS」を・・・・

しかし!!みなさん 大事なことを忘れていないでしょうか。
ファイナルステージをクリアし、みずまろに黄色い
イチョウのせんすを渡してくれたので、みずまろは喜んでは
いるはずです。しかし、第3ステージで出来上がったせんすを
よく見てみましょう。
せんす(火)
せんすに「火」のマークがついています。
最初に配った「秘密の書」にはみずまろのプロフィールが載っていました。
火が嫌い
そうです。みずまろは「火」が怖いんです。
せんすをみんなが作ってくれてプレゼントしてくれた
ことはみずまろは喜んでいます。ただ、火のマークがついていて、
きっとみずまろは少し怖いんではないでしょうか・・・

ではどうやってこの火を消せばいいんでしょうか・・・
これも実は「秘密の書」にかいてありました・
火を消す水
どんな「火」でも消すことができる「みず」
違和感を感じた人もいたのではないでしょうか?
このみずのマークだけまわりが黄色になって不自然なんです。
実はこれ、
シール
シールになっており、はぐことができたんです。
ここまでくればもうお解りと思います。
みずまろに渡すせんすに「火」のマークがついていることに
気が付き、この「火」を消すための「みず」のシールを見つけ、
みずまろにせんすを渡す前に、この「火」のマークの上に、
「みず」のシールを貼って、みずまろにせんすを渡すことが
できた人が、この「みずまろからのSOS」の真の成功者
でした。

ここに気づいたお友達   まいりました。さすがでした。
誰も気づかないだろう と思っていましたが、甘かったです。
リベンジさせてください(笑)

また、いつの日か謎解きのイベントを開催した際には、
ぜひご参加ください。
当日は、ワークショップも開催され、そちらも大盛況でした。
また後ほどその模様はブログでUPしたいと思います。
それではみなさん。 ありがとうございました(^^♪
 

 

 

謎解きの時間「みずまろからのSOS」 第3ステージ解説

みなさん。謎解きの時間「みずまろからのSOS」に参加してくれて
ありがとうございました(^_-)-☆

どうでしたか?難しかったですか?
解けなかった君たち 落ち込むことはないよ
この謎解きの準備の時に、リハーサルで大人の
人にも解いてもらいましたが・・・大人でも
なかなか解けていませんでした。

最後まで解けた君たち 本当におめでとう。
ステージから見た眺めはどうでしたか?
気持ちよかったでしょ?笑

当日は、子供向けのワークショップも開催されていたため、
謎解きの答えの解説をする時間がありませんでしたので、
このブログで簡単な解説を行います。
(すべての解答を載せるのは難しいため、たくさんの
お友達が迷っていたところを主に解説します)

実は、この謎解きは申し込み受付終了後も、参加希望の
電話をたくさんいただきました。
もしかしたら、いつかどこかで謎解きを開催するかも
しれませんので、一定期間掲載したのち、このブログは
見れなくなることがあるかもしれませんのでご了承ください。

それでは、第3ステージの解説です。
第1ステージで、「決意」を示し、
第2ステージでは、「SOSの理由」が判明しました。

第3ステージでは、「みずまろの大切なものをつくれ」がテーマでした。
謎のトンネルから出ると、第3ステージの問題を門番からもらったはずです。
その謎の答えがわかったら、「謎の館(やかた)」に行く必要がありました。

謎の館には黄色の紙がありました。
黄色い紙 おもて   黄色い紙 うら

(黄色い紙 おもて)        (黄色い紙 うら)

 

この黄色い紙をステージ3の答えを使い、問題の指示どおりに折ったり、切ったりすると・・・・

いちょうのせんす
(イチョウのせんす)が出来上がりました。これを門番に見せると、ファイナルステージへいけるようになりました。

 

(ファイナルステージ の解説は、次のブログへ)

 

 

今年も人気の講座開講!

みなさん、お待たせしました(^^♪
毎年人気の講座「家庭教育学級講座」が5月24日に開講しました!

今年度も定員を大幅にオーバーし、45名の参加となりました。
ありがとうございます!!

 

まず第一回目の講座は
昨年度大人気だった北九州市立大学教授の森田洋氏の講演からスタート!

IMG_6311-resizeIMG_6310-resize

 

 

 

 

 

今年は
「良い微生物、悪い微生物、普通の微生物?! ~私たちの暮らしと微生物のかかわり~」との演題で、 主に腸内細菌のお話をしてくださいました。

 

IMG_6329-resize

 

腸内細菌群には「悪玉菌」と「善玉菌」
そして「常在菌」の3種類の菌が存在し、
いかに「悪玉菌」を減らすかが大事になるそうです。

減らす方法は…
①動物性脂肪を控える
②善玉菌を増やす
③善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取する
この3つの方法を行うと良いとの事。

 

その他にも乳酸菌の正しい摂り方や食中毒の正しい知識など
知っているようで知らない、目からうろことなる講演となりました(^^)/

 

ためになるお話はもちろんなんですが、先生の「話術」がすごいんです!

テンポ良く、そして笑いも忘れず…
時間を忘れてしまうほど楽しいお話に頷きながら真剣に聞く姿がみられました。

「また先生の話を聞きたい!」との声が多くみられ
スタッフとして、とても嬉しく感じました!!

 

そして…私自身も森田先生のファンになりました★

 

森田先生、ためになる楽しいお話しありがとうございました(^◇^)

 

つくる あそぶ かんがえる (講座倶楽部)

「あめが降っていますね。
 そういえば、サッカーは
 びっくりしました。あの強敵に
 にほんが勝ってくれました(^_-)-☆
 きのうは、気分よく
 てれびを見て
 ねることが出来ました。」

こんにちは。昨日はみなさんサッカー見られましたか?(#^.^#)

それでは、本題に戻ります。
先日ブログで書きました講座倶楽部。
今年は、昨年実施したアンケートでこども向けのイベントを
望む声が多かったので、今年のテーマを
「こどもを楽しませることが好きな人を応援しよう」
にきめました。
そこで、こどものためのワークショップを開催して
いただけるブーススタッフを募集しましたところ、
9名の応募があり、打ち合わせを重ねて、
7名の方がブーススタッフとして活躍してくれることになりました。

イベント詳細はこちらへ

打ち合わせで試作品を見せてもらいましたが、
みなさんの「こどもを喜ばせたい」という気持ちと、
作品のクオリティーの高さに、驚かされました(#^.^#)
スイーツデコフォトフレーム ペタペタスタンプ

( スイーツデコフォトフレーム )   ( ぺたぺたスタンプ )

アイシングクッキー      虫よけスプレー

( アイシングクッキー )          ( 虫よけスプレー )

遊楽書  バスボム

   (  遊楽書 )           ( バスボム )

勾玉  スライム

    ( 勾玉 )             ( スライム )

プラパン   シューティング

   ( プラパン )     ( シューティングゲーム )

当日は、10時から13時までの3時間ではありますが、ぜひ参加していただき、
夏休みの思い出を一緒につくりましょう(^◇^)
※どのブースも数に限りがありますので、お早めにご利用くださいm(__)m

 

ところで、みなさん そんな私も・・・実はブースを受け持ちます・・・
つい・・・公民館スタッフの前でこんなこと言っちゃいました・・・

「アンケートでナゾトキしたい子供が多かったね。
やってみようかな」

・・・後悔とかしてませんよ。やる気に満ち溢れていますよ。
ただ、小さな部屋でこじんまりとやろうかなって思っただけですよ・・・

何に対しても前向きな公民館スタッフたち・・・・

あれよあれよという間に、チラシができ、ついPR動画まで作ってしまい・・・

ということで、水巻町の新キャラクター「みずまろ」に
ある問題が発生。数々の謎をときあかして
みずまろを助けていくという内容
「みずまろからのSOS」を開催しますので、ぜひご参加ください。
ご参加には、事前の申し込みが必要です。(先着各30名)

ナゾトキとは何って? そうですね。ナゾナゾではないんです。
いろいろなところにヒントや手掛かりがあり、それを使って謎を
解き明かしていくものですね。

そうですね~。じつは
公民館スタッフからみなさまに、
あるメッセージを発信していました。
手掛かりはこれ。

このブログの最初の「 」 の言葉。
先頭の文字を続けて読んでみてください。
                 それでは また(^_-)-☆